港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

「篠原町」の記事一覧

篠原町は、横浜線の新横浜駅・篠原口の付近から岸根公園駅近くまで広がる自然の多い住宅街。新横浜駅側の再開発計画地域「新横浜駅南部地区」では再開発計画の再開も予定されています。

新横浜駅の篠原口近くで、株式会社くらしの友(東京都大田区、伴良二代表取締役社長)が運営する「新横浜総合斎場」(新横浜1)は、5階と6階フロアを全面リニューアルしたことを記念し、内覧イベントを今週(2018年12月)15日 …

開設から30年以上にわたって運営されている篠原町の「篠原学童クラブ」は、今月(2018年12月)15日(土)と16日(日)の10時から12時まで、2019年度の新入会説明会を開きます。 篠原学童クラブは、下校後や長期休暇 …

2018年の大みそかから2019年元旦にかけて、横浜市営地下鉄ブルーラインや東急東横線で、通常は列車が走らない深夜帯にも運転を行う「終夜運転」が実施され、大みそかの夜に横浜アリーナで行われる「カウントダウンライブ」に対応 …

来年(2019年)9月20日から始まる「ラグビーワールドカップ(W杯)」へ向け、今大会のメイン会場ともいえる日産スタジアムが位置する新横浜駅の周辺では、治安面からの準備も着々と進められています。 先週(2018年11月) …

今年も篠原町の「篠原学童クラブ」は、恒例のバザーを今月(2017年10月)28日(日)に篠原コーポラスのB棟前で開きます。 バザーはもちろん屋台は今回も出店し、カレーライスや焼きそば、焼鳥、わたがしなどの飲食物の販売も行 …

港北区内に本社を置く企業の売上高を集計したところ、1000億円以上の売上をあげていたのは、2018年10月時点で新横浜を中心に10社あることがわかりました。 区内の企業や団体について、2018年9月から10月現在でインタ …

いよいよ開催迫るラグビーW杯(ラグビーワールドカップ2019)や、東京オリンピック・パラリンピックに向け、警察・市民らが“地域ぐるみ”での「暴力団追放」の決意を新たにしました。 神奈川県警や港北区暴力団追放推進協議会(大 …

横浜市が運営する在宅介護支援と“誰もが利用できる”交流施設「地域ケアプラザ」からの最新情報のお知らせです。情報のご提供をいただきました港北区内の<地域ケアプラザからのお知らせ>としてまとめて掲載します。施設のご利用や詳細 …

1 2 3 4 5 6 9