新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

羽沢横浜国大」の記事一覧

“新横浜都心部”に位置付けられ、2023年3月までの相鉄・東急直通線(相鉄新横浜線/東急新横浜線)の開業によって、新横浜の隣駅となる羽沢横浜国大(神奈川区)周辺の話題を集めています。

羽沢横浜国大駅で定期券の利用客が増えていたことは光明と言えそうです。JR東日本は2020年度(2020年4月~2021年3月)の1日平均乗車人員を発表し、定期券以外の乗客が大きく落ち込んだ新横浜駅や菊名駅が苦戦する一方、 …

独立行政法人鉄道・運輸機構(横浜市中区)は、昨年(2020年)2月に貫通し、現在は軌道(レール)の敷設工事などを行っている「羽沢トンネル」(新横浜駅~羽沢横浜国大駅、約3500メートル)について、トンネルの底部と「道床」 …

地元住民や横浜国立大学への通学者に加え、駅訪問者にも貴重な買物場所となりそうです。羽沢横浜国大の駅前に先週(2021年)5月28日(土)、ドラッグストア「クリエイトエス・ディー羽沢横浜国大駅前店」(神奈川区羽沢南2)がオ …

港北区内を中心とした3カ所の円形トンネルで掘削(くっさく)がすべて終了しました。「相鉄・東急直通線」では、先月(2021年)4月まで掘削機(シールド機)による掘削工事を行っていた「綱島トンネル」(箕輪町~新綱島、全長11 …

JR東日本と相鉄のスマートフォン向けアプリが連携し、今月(2021年)3月17日から「相鉄・JR直通線」の列車走行位置が表示されるようになっています。 両社のアプリでは、列車が走行している位置や種別をリアルタイムで確認で …

羽沢横浜国大駅から西谷行の列車が早朝時間帯に増やされます。相鉄は来月(2021年)3月13日(土)のダイヤ改正概要をこのほど発表し、相鉄新横浜線(相鉄・JR直通線)で、西谷方面行を平日に2本、土休日に1本を増発することを …

現在は一帯が空地となっている羽沢横浜国大駅で、駅前の再開発が本格始動します。核となる23階建て再開発ビルの着工が今月(2021年)2月末以降に予定されているほか、同ビルと隣接する環状2号線寄りの敷地では、今年6月以降の開 …

このほど新横浜トンネルが新横浜駅まで到達しました。鉄道・運輸機構(横浜市中区)の東京支社は、今年(2020年)9月に掘削(くっさく)工事を再開した「新横浜トンネル」(新綱島駅~新横浜駅、全長3304メートル)について、先 …

きのう(2020年)11月30日で「相鉄・JR直通線」の開業から1周年を迎えたことを記念し、相鉄グループは羽沢横浜国大駅を撮影スポットとして提供する「あなただけのSOTETSUフォトウエディング」を企画し、2組に販売を行 …

新横浜駅などに停車するJR横浜線の臨時特急「はまかいじ」としても使われてきた「185系」と呼ばれる特急型車両が2021年春に定期列車から引退することが決まり、JR東日本横浜支社では今月(2020年)11月18日から「ME …

時差通勤者や回数券的な“半定期利用者”はJR東日本のポイントが貯まるようになります。JR東日本はICカードの「Suica(スイカ)通勤定期券」をはじめ、氏名や生年月日をあらかじめ登録した「記名式Suica」、スマートフォ …

JR横浜線でも「終電繰り上げ」が計画されています。JR東日本は来年(2021年)春のダイヤ改正で最終電車の繰り上げを行う路線と概要を発表し、JR横浜線では3分から12分早くなる一方、「相鉄・JR直通線」(羽沢横浜国大~武 …

新横浜駅前の「東広場」(横浜アリーナ側)にある公衆トイレ「トイレ診断士の厠堂(かわやどう)」が横浜市の資源循環局とネーミングライツ(命名権)の契約期間を2025年10月まで5年間の延長を行いました。今後も駅前公衆トイレの …