港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

「篠原町」の記事一覧

篠原町は、横浜線の新横浜駅・篠原口の付近から岸根公園駅近くまで広がる自然の多い住宅街。新横浜駅側の再開発計画地域「新横浜駅南部地区」では再開発計画の再開も予定されています。

テレビ朝日の平日午前に放送されているタレントの高田純次さんによる散策番組「じゅん散歩」(9時55分から30分)で、来週(2018年6月)4日(月)に新横浜、5日(火)に菊名、7日(木)に妙蓮寺が取り上げられます。 同テレ …

自転車を手軽にレンタルできる「シェアサイクル」のサービス拠点が港北区内でも広がりつつあります。コンビニ大手のセブンイレブンが2017年11月からソフトバンク系の「ハローサイクリング(HELLO CYCLING)」と提携し …

港北区内の待機児童数は今年(2018年4月)1日現在で15人であると横浜市が発表しました。待機児童の定義は昨年(2017年)10月の集計から見直され、育児休暇中で復職意思のある親の子が認可保育所に入れなかった人の数も含ま …

岸根町「貴雲寺」

新横浜の次は岸根と篠原の歴史を歩いて学びます。港北ボランティアガイドは、来月(2018年5月)3日(木・祝)午前に「岸根から篠原へ歴史を訪ねて」と題したウォーキングツアーが予定されています。 同ボランティアガイドでは3月 …

篠原町に更地のままで置かれている市の再開発用地は、「スポーツの場」として開放されることはあるのでしょうか。横浜市は先月(2018年2月)、市内でスポーツができる環境づくりを進めるため、市が保有する土地のうち、暫定利用が可 …

続日本100名城に選ばれた小机城址の散策に役立つマップが初めて発行され、好評を博しています。港北観光協会(大豆戸町、港北区役所内)は、昨年(2017年)4月「続日本100名城」に新たに選定された小机城(城址)や、周辺地域 …

観光拠点である新横浜エリアで「民泊」は活発になるのでしょうか。自宅などの民家を宿泊場所として有償で貸し出すことを認める法律が約4カ月後の今年(2018年)6月15日から施行されます。横浜市内では独自に住宅地域で平日は貸し …

篠原町に本社を置く三和エナジー株式会社(浅田育男社長)は、来月(2018年2月)13日から本社事務所を新横浜2丁目にある「フォンターナ新横浜」の5階へ移転すると発表しました。 公式サイトによると、三和エナジーは、軽油や重 …

災害が起こったらペットはどうしますか。“家族”にしかできない事前準備を――港北区生活衛生課は、来月(2018年)2月3日(土)10時(9時30分受付開始)より11時30分まで、港北区役所4階会議室にて「災害時ペット対策講 …

篠原町の「篠原学童クラブ」は、今週末(2017年12月)16日(土)・17日(日)の両日に来年度(2018年4月~)の入会説明会を開きます。 同グラブは小学生を下校後や長期休暇中に保育する施設で、運営は地域の関係者や保護 …