新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

横浜市都筑区」の記事一覧

港北区に隣接する横浜市都筑区の情報を集めています。

今年度も新たな「路線バスマップ」が公開されています。横浜市交通局や臨港バス(川崎鶴見臨港バス)などは、新年度(2022年4月)版の路線図をPDF形式で公開し、ダウンロードが可能となりました。 港北区内には、横浜市営バスや …

開通から2年で首都高「横浜北西線」の利用者は着実に増えています。首都高速道路は横浜北西線(東名高速横浜青葉~横浜港北、7.1キロ)の利用状況をこのほど発表し、並行する道路の利用に減少傾向があることを示しました。 横浜北西 …

今週(2022年)5月2日から横浜市営地下鉄ブルーラインで新型車両「4000形」の運行が始まり、運行日の時刻表も公開されています。 4000形はブルーラインで2017(平成29)年4月に導入された「3000V(ブイ)形」 …

【法人サポーター会員によるPR記事です】親やきょうだいの「高齢化」に備える新プランが誕生、“わかりやすい”価格設定で好評を博しているといいます。 新横浜2丁目の新横浜駅前公園にも近いF・マリノス通り沿い・シルバービル内に …

12年に一度の機会は、残り一週間となりました。岸根町や小机町、篠原町の3寺院をはじめ、神奈川区や都筑区、保土ヶ谷区など周辺の12寺院で今月(2022年)4月1日から始まった「武南(ぶなん)十二薬師霊場」は4月30日(土) …

横浜北線・北西線の開業で「港北インターチェンジ(IC)」付近の風景が激変し、新たな商業エリアも登場しました。かつて広大な田畑だった一帯に巨大物流倉庫の建設が進むとともに、周辺では今月(2022年)4月26日にはラーメン店 …

ブルーラインの走行位置がサイト上で確認できるようになりました。横浜市交通局は、今月(2022年)4月1日から公式サイトで地下鉄2路線の走行位置をリアルタイム表示しています。 これは市交通局の「経路・時刻表」を検索できるペ …

港北図書館などの横浜市立図書館では、この(2022年)4月1日から貸出冊数の上限がこれまでの6冊から10冊に増えました。川崎市など相互利用を可能としている周辺自治体の図書館に合わせたものだといいます。 横浜市立図書館では …

今年(2022年)4月は港北区内の寺院でも12年に一度の“御開帳”が行われます。「薬師如来(やくしにょらい)」を本尊とする各寺院で寅(とら)年だけ仏像を拝観できる3つの霊場巡りがまもなく始まり、区内では札所(ふだしょ)と …

今年は日本初の鉄道が新橋と横浜間に開通してから150周年。“鉄道発祥の地”である横浜市内ではセンター北駅近くの「横浜市歴史博物館」と、日本大通り駅至近の「横浜都市発展記念館」でそれぞれ横浜の鉄道と歴史に焦点を当てた特別展 …

いつも使っているバスが春を運んできます。横浜市交通局の港北営業所(大豆戸町)は、市バスの車内外に桜の装飾を施した「さくらバス」を期間限定で2台設定し、今月(2022年)3月13日から運行を始めています。 この「さくらバス …

昨年の夏、テレビや写真でしか見ることができなかった“横浜のオリ・パラ”を最後に振り返ってみませんか。 横浜市市民局のオリンピック・パラリンピック推進部は今月(2022年)3月14日、市が独自に制作した「東京2020オリン …

1 2 3 4 5 6 16