新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

再開発」の記事一覧

スタジアム通り沿いに70戸のマンションが建てられています。 日鉄興和不動産は新横浜2丁目のKOSE新横浜スケートセンターに隣接した立体駐車場の跡地で、11階建て70戸の「リビオ新横浜」を2026年2月までに建てる計画とし …

横浜労災病院(小机町)を建て替える方針が決まりました。 開院から約33年が経過し、一部が老朽化していることにともなうもので、現時点では6年後の2030年度にも新たな建物で開院する計画としています。 横浜労災病院を運営する …

師岡小学校(師岡町)至近の環状2号線沿いにあったガソリンスタンド跡地で、6階建て26戸のマンション「ミオカステーロ大倉山師岡町フロンティア(仮称)」が建設されており、先月(2024年)2月29日に公式サイトが公開されまし …

師岡町の“明治横浜研究所”跡地などを使った巨大な物流施設が計画されています。 トヨタホーム株式会社(名古屋市東区)とミサワホーム株式会社(東京都新宿区)、住友商事株式会社(東京都千代田区)の3社は、師岡町のトレッサ横浜北 …

【沿線レポート】新綱島や羽沢横浜国大といった新駅以上の規模で激変する駅前に驚かされるはずです。 相鉄(相模鉄道)いずみ野線「ゆめが丘」と市営地下鉄ブルーライン「下飯田」の両駅前で建設中の大規模集客施設が今年(2024年) …

これも「相鉄・東急新横浜線」の開業効果でしょうか。横浜アリーナ付近の新横浜3丁目でマンション(共同住宅)の建設が相次いでいます。 今月(2024年1月)時点で分譲マンション2棟と賃貸マンション2棟が建設中で、賃貸か分譲か …

【講演レポート】新横浜の街が歩んだ60年超の軌跡を語りました。 港北区の成り立ちや歴史などを学ぶ「港北地域学」講座(港北区区民活動支援センター主催)の第2回となる「新横浜の過去・現在・未来~新横浜駅開設60周年の軌跡」が …

今から25年以上先になっても港北区は周辺の街から人を吸収し続けていくようです。 厚生労働省に所属する研究機関「国立社会保障・人口問題研究所」は2050年までの都道府県別・市区町村別に人口を推計した「日本の地域別将来推計人 …

新横浜中央通りに建設中の“共同住宅”は賃貸マンションとなりました。 新横浜3丁目のまいばすけっと新横浜3丁目店(加瀬ビル88)に近い平面コイン駐車場(27台収容)の跡地で昨年(2022年)9月に着工した10階建て51戸の …

東横線の沿線住民も意外と楽しめそうな渋谷の定期観光バスに新たなプランが設けられました。 東急バス傘下の東急トランセは、今年(2023年)3月16日に渋谷駅から運行を開始した定期観光バス「渋谷ストリートライド(SHIBUY …

新吉田町の貝塚交差点横にあったアパート跡で46戸のマンションが建てられており、物件の公式サイトが公開されています。 このマンションは大和地所レジデンス株式会社(東京都港区)による「ヴェレーナ横浜新吉田」で、来年(2024 …

大倉山駅から徒歩10分、新横浜駅からも徒歩16分という大豆戸町の農地跡で31戸のマンションが建設されており、このほど公式サイトが公開されました。 このマンションは山田建設株式会社(東京都大田区)による「ミオカステーロ大倉 …