新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

訓練」の記事一覧

「コロナ禍」を乗り越えて、3年ぶりに日々の訓練の成果を披露しました。 港北消防団第三分団(吉田亙分団長)と第八分団(加藤康子分団長)第三班、港北消防署(吉田崇署長)は、今月(2022年)7月3日(日)午後、首都高速道路「 …

「いざ」に備えて、夏オープン前の公園プールで消防訓練がおこなわれました。 篠原地区をエリアとする港北消防団第二分団は、今月(2022年)6月5日(日)午前、3年ぶりの「夏季訓練会」を開催。 夏のオープンを控える「菊名池公 …

オリンピック本番に向け、新横浜でも警戒は緩めない――。港北警察署と港北消防署、横浜労災病院(小机町)、横浜アリーナ(新横浜3)は今週(2021年)6月14日(月)、横浜アリーナでテロ対策の訓練を実施し、来月に迫った「東京 …

菊名駅では初となる「4者合同訓練」でテロ防止へ――先週(2020年)1月24日の午後、東急菊名駅と東急ストア菊名店(菊名7)前の連絡通路で、港北警察署と港北消防署、東急菊名駅およびJR菊名駅の4者合同による初めてのテロ対 …

2020年も鮮やかな放水が披露されます。港北区内の消防団と消防署による「消防出初(でぞめ)式」が、今週1月11日(土)の10時から「日産スタジアム」の第1駐車場(小机駅側)で行われます。 港北区の新春を飾る主要イベントと …

ラグビーワールドカップ(W杯)に続き、来年(2020年)夏の「東京2020オリンピック」でも輸送の要(かなめ)となる駅の安全を守る――。 港北警察署とJR小机駅は今月(2019年)12月25日に同駅構内でテロ対策訓練を実 …

大地震が発生して交通機関がマヒした時、港北区内でもっとも多くの帰宅困難者が発生する可能性がある新横浜駅で、対策訓練が今月(2019年3月)8日に同駅などで実施され、約250人が駅から一時滞在施設に指定されている施設への移 …

多くの帰宅困難者が首都圏にあふれた東日本大震災から8年。新横浜駅と駅周辺で「帰宅困難者対策訓練」が2019年は今週(3月)8日(金)の10時30分から約1時間にわたって行われます。今年はラグビーワールドカップ(W杯)や東 …

港北区内の消防団と消防署が鮮やかな放水を披露します。新春の恒例行事である「消防出初(でぞめ)式」があす(2019年1月)5日(土)10時から「日産スタジアム」の第1駐車場(小机駅側)で開かれます。 今年も災害を想定した消 …

来年(2019年)9月20日から始まる「ラグビーワールドカップ(W杯)」へ向け、今大会のメイン会場ともいえる日産スタジアムが位置する新横浜駅の周辺では、治安面からの準備も着々と進められています。 先週(2018年11月) …

大倉山7丁目の太尾新道沿いにある「港北水再生センター」とその周辺で、大地震が起きた際に上下水道管に被害が起きたことを想定した訓練が今月(2018年11月)13日(火)の9時から17時まで開かれます。市と協力関係にある民間 …

あす(2018年11月)9日(金)の14時30分から30分にわたって新横浜駅前の交通広場(バス乗場)と北口広場で合同テロ災害対応訓練が行われます。 来年(2019年)のラグビーワールドカップや東京2020オリンピックを見 …

今週(2018年11月)8日(木)の午後に日産フィールド小机(小机競技場)で、横浜市航空消防隊のヘリコプターと連携した大掛かりな離着陸訓練が行われます。 港北消防署や横浜労災病院による今回の訓練では、災害時にヘリが離発着 …