新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

ホームページ」の記事一覧

港北区内で菊名地区など2地区の連合町内会が「連続無火災」表彰を受けました。 先月(2021年)3月22日、「市民防災の日」港北区推進委員長(栗田るみ前港北区長=在職時)は、連続無火災期間の表彰基準を達成した菊名地区連合町 …

新しい「港北区」を知るツールとしての、地域まちづくりのサイトが誕生しました。 横浜市港北区内の自治会・町内会による「港北区連合町内会」(川島武俊会長・事務局:港北区地域振興課内)は、今月(2020年)10月1日からホーム …

【法人サポーター会員による提供記事です】新横浜駅前の人間ドック・健診専門クリニックがホームページ(公式サイト)を全面リニューアル、スマートフォン(スマホ)やタブレット端末でも見やすくなりました。 地下鉄ブルーライン新横浜 …

「地域のホームページ」があると、どんな点がメリットになるのでしょうか。 港北区南部に位置する岸根町では、2016(平成28)年9月から、岸根町町内会など町内で活動を行う4団体が「岸根WEB運営委員会」を組織し、岸根町の公 …

外出自粛の「今」こそ、地元地域をより深く知り、住まう場所やまちづくりへの「想い」を共有しませんか。 横浜市港北区には、新羽、菊名、篠原、城郷、大倉山、師岡、大曽根、樽町、新吉田など、合計13エリアごとに「連合町内会」が組 …

創建500年に向けて、「舞殿・山車(だし)小屋」が新たに誕生しました。 岸根高校(岸根町)の隣、篠原西小学校(篠原町)からも近く、新横浜駅から徒歩約12分の場所にある岸根杉山神社(岸根町377)では、同神社の歴史が始まっ …

やっと横浜市の公式Webサイトがリニューアルします。市の市民局は今月(2019年3月)26日(火)にスマートフォン(スマホ)にも対応した新たなWebサイトを公開すると発表しました。具体的な時間は「調整中」としています。 …

横浜市は市の公式Webサイトのリニューアルが大幅に遅れている問題で、当初委託した東京都千代田区のシステム開発事業者が市側に「4553万4600円を支払う」との和解案を受け入れる方針を今月(2018年3月)14日の横浜市会 …

自分が住んでいる町にインターネット上でのウェブサイトがあり、そのサイトは利用しやすいもの、見やすいもの、さらには多くの人が訪問しやすいものになっているのでしょうか。そんな疑問を日々抱えながら、岸根町在住の人々が、「岸根町 …

港北区は今週(2017年10月)10日(火)に公式サイトのトップページのデザインを刷新しました。これまでと比べて掲載情報が整理されて見やすくなったのが特徴ですが、スマートフォンへの対応は行われておらず、パソコン版を閲覧す …

横浜市が当初委託したシステム開発事業者と紛争状態となり、リニューアル化が大幅に遅れている市の公式サイトについて、林文子市長は来年(2017年)1月から作業を再開し、3年間かけて2020年3月(平成31年度)までに刷新を終 …

岸根町うぇぶ(岸根町町内会)

岸根町の町内会や奉賛会、むつみ会、消防団、囃子連の各団体から選出されたメンバーによる「岸根WEB運営委員会」は、今年(2016年)9月から新たにWebサイト「岸根町うぇぶ」を立ち上げ、活動状況や町のイベント情報などを発信 …