港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

「暮らし」の記事一覧

新横浜や篠原・大豆戸・菊名・小机・岸根・新羽・大倉山などのエリアに暮らすうえで知っておきたい情報をまとめています

来年(2019年)9月20日から始まる「ラグビーワールドカップ(W杯)」へ向け、今大会のメイン会場ともいえる日産スタジアムが位置する新横浜駅の周辺では、治安面からの準備も着々と進められています。 先週(2018年11月) …

大倉山7丁目の太尾新道沿いにある「港北水再生センター」とその周辺で、大地震が起きた際に上下水道管に被害が起きたことを想定した訓練が今月(2018年11月)13日(火)の9時から17時まで開かれます。市と協力関係にある民間 …

横浜労災病院(独立行政法人労働者健康安全機構)は、今回で17回目となる恒例の公開講座「知って得する健康講演会」を、あす(2018年11月)6日(火)の13時から16時まで、横浜ラポール(鳥山町、新横浜駅から徒歩約10分) …

環状2号線近くの大豆戸町にある「港北スポーツセンター」では、今週(2018年11月)3日(土)に同館版の「スポーツ・レクリエーションフェスティバル」が行われます。当日は9時30分から16時30分まで、多彩な体験教室やレッ …

恒例となっている福祉保健の祭典「港北ほくほくフェスタ」(港北区、港北区社会福祉協議会など主催)が今週(2018年11月)2日(金)に港北公会堂と港北区役所で開かれます。 「港北区社会福祉大会」の単独開催時代から数えると3 …

新横浜3丁目に近い大豆戸町にある「しんよこはま地域活動ホーム」(運営・社会福祉法人横浜共生会=新吉田町)は、今週(2018年11月)3日(土)に恒例イベント「しんよこ地活の秋まつり」を開きます。 同活動ホームは、障がいが …

来年(2019年)開催の「ラグビーワールドカップ(W杯)」へ向け、横浜市は小中学生を中心にラグビーの普及啓発活動を懸命に行っているものの、実際のW杯時には子どもらを観戦へ招待することは難しい状況だといいます。 市はきのう …

今年も篠原町の「篠原学童クラブ」は、恒例のバザーを今月(2017年10月)28日(日)に篠原コーポラスのB棟前で開きます。 バザーはもちろん屋台は今回も出店し、カレーライスや焼きそば、焼鳥、わたがしなどの飲食物の販売も行 …

絵本や紙芝居、わらべうたなどで、“小さなお子さんを楽しませるコツ”がたくさん詰まったワークショップを、無料で受講できます。 新吉田エリアの地域づくりや福祉活動の実施や支援を行う新吉田地域ケアプラザ(新吉田町6001-6) …

自分が奏でる音楽が、人と人をつなげ、また子どもや赤ちゃんにも受け継がれていくとしたら、それはどんな喜びとなるのでしょうか。一人の女性が、出産、育児、夫の海外転勤という境遇をバネに、大倉山を拠点としての音楽の普及活動を続け …