新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

横浜市交通局」の記事一覧

今年度も新たな「路線バスマップ」が公開されています。横浜市交通局や臨港バス(川崎鶴見臨港バス)などは、新年度(2022年4月)版の路線図をPDF形式で公開し、ダウンロードが可能となりました。 港北区内には、横浜市営バスや …

今週(2022年)5月2日から横浜市営地下鉄ブルーラインで新型車両「4000形」の運行が始まり、運行日の時刻表も公開されています。 4000形はブルーラインで2017(平成29)年4月に導入された「3000V(ブイ)形」 …

ブルーラインの走行位置がサイト上で確認できるようになりました。横浜市交通局は、今月(2022年)4月1日から公式サイトで地下鉄2路線の走行位置をリアルタイム表示しています。 これは市交通局の「経路・時刻表」を検索できるペ …

ブルーラインの新型車両にいち早く乗車し、新羽車両基地(車庫)も見学できるツアーが来月(2022年)5月1日(日)に企画されました。 市交通局傘下の横浜市交通局協力会(中区長者町)は、地下鉄ブルーラインで5月2日から営業運 …

横浜市は、2022(令和4)年4月1日付けの人事異動をきのう3月29日に公表し、港北区では昨年就任した鵜澤聡明区長に代わって市建築局の漆原順一住宅部長が新たに区長に就きます。副区長も交代となっており、4月から始まる新年度 …

港北区ゆかりの企業が開発したゲームのスタンプラリーが新横浜駅など横浜市交通局の5駅と横浜中華街1カ所を対象に始まります。 スマートフォン用アプリの戦略シミュレーションゲーム「三國志 覇道(さんごくしはどう)」と連携した「 …

【コラム】“危険”と判定されたバス停に待っているのは移動か廃止か――。今から3年半ほど前、2018(平成30)年8月に横浜市西区のバス停で降車後に道路を横断しようとした小学5年生の児童が反対車線の自動車にはねられ、死亡す …

相鉄・東急直通線(新横浜線)の開業で、新横浜駅は交通拠点としての機能が大きく向上する――。 来年(2023年)3月に相鉄・東急直通線の新横浜駅を開業を控え、ブルーラインの駅を持つ横浜市交通局は、新たな改札口の新設や分かり …

来年(2022年)5月、ブルーラインに新型車両が登場します。横浜市交通局は新型の「4000形」を新たに製造し、2024年度(2025年3月末)までに計8編成を順次導入すると発表しました。 新たに導入する4000形では、“ …

歩くとポイントが貯まる「よこはまウォーキングポイント」のアプリを使い、みなとみらい地区や三渓園(中区本牧三之谷)を巡る「みなとぶらりスタンプイベント」がきのう(2021年)10月14日から始まり、来年3月末まで行われてい …

ホームと電車ドア間にある段差や隙間を縮める初の取り組みがブルーラインの新横浜駅で始まりました。横浜市交通局は、新横浜駅のホームで「車いす」でも乗降しやすくするため、今月(2021年)7月8日から一部乗降口で列車ドアとの段 …

「シーバス」にも乗れる1日フリー券が期間限定で新発売となります。横浜市交通局は「みなとぶらりシーバスチケット」(大人1300円・小児650円)をあす(2021年)7月20日(火)から来年3月末まで設定し、横浜駅の周辺など …