港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

「横浜市交通局」の記事一覧

初夏のようになったり、初冬に戻ったり、まだ気温にばらつきのある4月。横浜市交通局は、ブルーラインとグリーンラインの車内空調についてのページをこのほど新設し、車両の位置ごろに冷房の効きやすさの目安を示すとともに、空調に関す …

横浜市交通局の傘下法人である一般財団法人横浜市交通協力会(中区長者町)は、新横浜駅のJR改札口階からブルーライン改札口への階段途中の壁面をスクリーンとして活用し、プロジェクターを使って観光映像などを流すため、機器を設置す …

横浜市交通局はブルーライン新横浜駅の工事にともない、北口広場(円形歩道橋側)の公衆トイレ近くある「3A出入口」を今月(2019年3月)25日(月)から4月8日(月)まで15日間にわたって閉鎖すると発表しました。 ブルーラ …

横浜F・マリノスの日産スタジアム開幕戦となる今週(2019年3月)2日(土)のベガルタ仙台戦で、横浜市交通局は「開幕応援チケット」として、タオルマフラーをセットにしたサポーターズシートのチケットを大人2500円、小・中学 …

大みそかの今月(2018年12月)31日(月)から新年(2019年)1月3日(木)までの間、港北区内で横浜市営バスを利用する際はご注意ください。 新横浜駅前や菊名駅前、大倉山駅前、新羽駅などを経由する市営の路線バス「41 …

2019年のラグビーワールドカップや東京2020オリンピックの開催へ向け、横浜市交通局は地下鉄ブルーラインの新横浜駅で、改札内トイレ改修などの駅改良工事に着手します。 今回の駅改良工事では、東海道新幹線などと接続するJR …

横浜市交通局は、バスの停車時に横断歩道上にかかる可能性がある21カ所の市内停留所のうち、港北区内にある「観音前」(大倉山2・3丁目)について、安全対策の状況を発表しました。 すでに車内アナウンスやバス停の看板設置などによ …

神奈川県警はこのほど、横断歩道と近接した県内のバス停84カ所についての危険度判定を行い、調査対象となった港北区内にある3つの停留所については、もっとも低い「危険度C」との判定になりました。 今年(2018年)8月に横浜市 …

相鉄直通線の開通は、地下鉄「ブルーライン」の経営にはマイナスの影響を与えることになる――。横浜市交通局は、「相鉄・JR直通線」や「相鉄・東急直通線」の開業が同局の経営に影響を及ぼすとの考えを示しました。 きのう(2018 …

横浜市交通局は、市営バス全路線の2017(平成29)年度における全135路線の路線別収支を今月(2018年10月)16日に発表しました。軽油単価の上昇などによる運行費用増で、赤字路線が拡大するなか、港北区内では新横浜や大 …

横浜市交通局は、地下鉄ブルーラインで走らせている旧型車両の置き換えを行うため、新型車両7編成(計42両)を発注しました。受注者側が明らかにしたもので、2022年度から23年度にかけて順次完成する予定です。 ブルーラインで …

今月(2018年10月)27日(土)に日産スタジアムで、ラグビーのニュージーランド対オーストラリアによる定期戦「ブレディスローカップ」が行われることに合わせ、横浜市交通局では地下鉄ブルーライン新横浜駅など6箇所をめぐると …

横浜市交通局のバスがきょう(2018年7月)23日(月)から「夏季特別ダイヤ」となり、8月17日(金)まで平日の新横浜駅前や菊名駅前、大倉山駅前、新羽駅を経由する「41系統」も対象となっています。 新横浜駅前では41系統 …