港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

「6系統」の記事一覧

横浜市交通局はブルーライン新横浜駅の工事で、今月(2019年6月)25日(火)から約3週間にわたって、駅前のバスターミナルなどにつながる「4番出口」のうち、バス乗場(ホーム)につながる4B出口を閉鎖すると発表しました。 …

横浜市交通局は、今月(2019年3月)16日(土)から港北区内を走る6路線でダイヤ改正を行うと発表しました。いずれも時刻変更が行われるもので、一部路線では混雑解消の増発や車間隔の調整も行われるとのことです。 港北区内に関 …

大みそかの今月(2018年12月)31日(月)から新年(2019年)1月3日(木)までの間、港北区内で横浜市営バスを利用する際はご注意ください。 新横浜駅前や菊名駅前、大倉山駅前、新羽駅などを経由する市営の路線バス「41 …

横浜市交通局は、バスの停車時に横断歩道上にかかる可能性がある21カ所の市内停留所のうち、港北区内にある「観音前」(大倉山2・3丁目)について、安全対策の状況を発表しました。 すでに車内アナウンスやバス停の看板設置などによ …

神奈川県警はこのほど、横断歩道と近接した県内のバス停84カ所についての危険度判定を行い、調査対象となった港北区内にある3つの停留所については、もっとも低い「危険度C」との判定になりました。 今年(2018年)8月に横浜市 …

横浜市交通局は、市営バス全路線の2017(平成29)年度における全135路線の路線別収支を今月(2018年10月)16日に発表しました。軽油単価の上昇などによる運行費用増で、赤字路線が拡大するなか、港北区内では新横浜や大 …

新横浜駅と鶴見駅の間を走るバス路線は、なぜ横浜市営と川崎鶴見臨港がほぼ同じ時間に走らせているのか、非効率なのでは――。そんな声が横浜市の「市民の提案」に寄せられ、市交通局が回答しています。確かに横浜アリーナ前や港北車庫前 …

このほど横浜市が公表した平成28年度(2016年度)の「包括外部監査の結果に関する報告書」では、交通局が運行するバス路線の約6割が赤字であることから、「赤字路線の改善や赤字縮減の目標・方針を取りまとめ、進捗状況の管理や見 …