港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

「ラグビーワールドカップ2019」の記事一覧

JR東日本は今年(2019年)9月21日(土)から11月2日(土)までに日産スタジアム(横浜国際総合競技場)で「ラグビーワールドカップ(W杯)」が行われる際は、横浜線に7日間で80本程度の臨時列車を運転すると発表しました …

世界中からVIP観戦者が集まる施設となります。新横浜2丁目の「新横浜少年野球場(新横浜駅前公園少年野球場)」に建てられているラグビーワールドカップ(ラグビーW杯)関連の施設は、「スポーツホスピタリティ」と呼ばれる“VIP …

日産スタジアム(横浜国際総合競技場)でのラグビーワールドカップ(W杯)の試合終了後、新横浜から野毛町・中華街へ計6日間に45便以上の片道シャトルバスを運行する計画です。 このほど公益財団法人横浜観光コンベンション・ビュー …

目前に迫ったラグビーワールドカップ(W杯)と来年夏の東京2020オリンピックでテロを防ぐには“地域の眼”がもっとも大事――。 港北区内の行政や団体、企業など120社・団体で結成された「オール港北オリンピック・パラリンピッ …

【コラム】今年(2019年)秋に日産スタジアム(横浜国際総合競技場)で7試合が行われる「ラグビーワールドカップ(W杯)」の3度目となるチケット先着販売。またも“入手合戦”に敗れました。 先週(2019年5月)18日(土) …

チケット入手が困難な状態にある日産スタジアム(横浜国際総合競技場)で7試合開催の「ラグビーワールドカップ(W杯)」で、高級なVIPプログラムの“廉価版”といえるパッケージが準決勝戦2試合と決勝戦に限って新たに設定されまし …

ラグビーワールドカップ(W杯)が横浜の経済に与える影響は98億円――。今年(2019年)9月21日から11月2日の決勝戦まで日産スタジアム(横浜国際総合競技場)で7試合が予定されているラグビーW杯について、試合開催による …

ラグビーワールドカップ(W杯)まであと5カ月。決勝戦や準決勝など7試合の会場となっている日産スタジアム(横浜国際総合競技場)では、今週(2019年4月)16日から出場20カ国の国旗掲揚が始まったほか、浜鳥橋側の東ゲート橋 …

春、新しい季節に、スタジアム至近の金融機関の2つの支店が、秋の「ラグビーワールドカップ(W杯)2019日本大会」開催を盛り上げます。 大手信金の城南信用金庫(東京都品川区、渡辺泰志理事長)は、同日本大会の決勝戦が日産スタ …

今度こそチケットは確保できるでしょうか。今年(2019年)9月21日(土)を皮切りに、日産スタジアム(横浜国際総合競技場)で7試合が予定されている「ラグビーワールドカップ(W杯)」の第三次一般販売が先着順で来月(5月)1 …

ラグビーワールドカップ(W杯)の試合が開催される7日間は、新横浜駅と小机駅の構内に大会ボランティアによる「案内デスク」が設置されます。 今年(2019年)9月21日(土)から11月2日(土)まで、日産スタジアム(横浜国際 …

今年(2019年)9月21日(土)から11月2日(土)まで、日産スタジアム(横浜国際総合競技場)で7試合が予定されている「ラグビーワールドカップ(W杯)」時に、開催都市である横浜市の運営本部として、新横浜2丁目の西ゲート …

2019年シーズン、日産スタジアムでの横浜F・マリノスのホームゲームは、ラグビーワールドカップ(W杯)開催の影響で前年より2試合減となり、8月から12月まで4カ月近く試合が行われない期間があるなど、2年連続で変則的な形と …