新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

ラグビーワールドカップ(W杯)の主催者(ワールドラグビー/ラグビーワールドカップ2019組織委員会)は、きょう(2019年)10月13日(日)の19時45分から日産スタジアム(横浜国際総合競技場)で行われる日本対スコットランド戦について、予定通り行うと発表しました。

ラグビーワールドカップの主催者が10時45分ごろに発表した開催を伝えるページ(公式サイトより)※クリックで拡大

台風19号は昨日(12日)の22時ごろまでには港北区周辺を通過し、風雨が弱まっていました。

ただ、13日も交通機関の乱れが続いていることから、一部売店の営業や移動販売を行えない可能性があるといい、ソフトドリンクに限って持ち込みを解禁。缶やペットボトルは、カップに移し変える形になるとのことです。なお、食料の持ち込みはすでに可能となっています。

一方、新横浜駅西口での「横浜ラグビーフェスタ2019」と小机駅前北口の「こづくえマルシェ」、みなとみらいの「ファンゾーン」といった横浜市内イベントについては、台風対策でテントなどを撤去していることから、13日(日)も中止となります。

神奈川県が川崎駅近くの「ラゾーナ川崎プラザ」で予定していたパブリックビューイングも開催を断念しています。

台風通過前のきのう10月12日(土)9時30分ごろの日産スタジアム東ゲート前広場の様子、装飾物が取り外されている

また、新横浜や小机、日産スタジアム周辺の各種装飾は台風対策で多くを撤去していたため、試合時までに復旧が間に合わない場合もあります。

予選プールの最終日となる10月13日(日)は、日産スタジアムを含め全国で4試合が予定されていましたが、12時15分から行われる岩手県の「釜石鵜住居(うのすまい)復興スタジアム」での「ナミビア対カナダ戦」は台風の影響で中止となりました。

【関連記事】

今週末は日産スタジアムで「ラグビーW杯」、10/12(土)・13(日)の観戦対策(2019年10月9日)

<ラグビーW杯>10/12(土)の日産スタジアム試合は中止、13日の日本戦は未定(2019年10月10日)

<釜石レポート>新横浜の大型試合では見られない「ラグビーW杯」の風景(2019年9月30日、復興の象徴だったが1試合でW杯を終えることに)

【参考リンク】

10月13日(日)「日本 V スコットランド」(横浜国際総合競技場)【飲料持込可】での試合開催を決定(10月13日10時45分発表、ラグビーワールドカップ公式サイト)

ラグビーワールドカップの公式ツイッター

グーグル配信による広告と関連記事の紹介