新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

ラグビーワールドカップ(W杯)の決勝戦を開催地の“おひざ元”である港北公会堂で楽しみませんか。港北区は今週(2019年)11月2日(土)の18時から行われるラグビーW杯決勝戦のパブリックビューイングへの参加者を追加募集しています。

ラグビーワールドカップ決勝戦であるイングランド対南アフリカの港北公会堂での「パブリックビューイング」を案内するチラシ(港北区の案内ページより)

ラグビーW杯の決勝戦は、2003年の優勝国であるイングランドと、1995年と2007年の優勝国で今大会では日本も破った南アフリカ日産スタジアム(横浜国際総合競技場)で対戦。

決勝戦開催の地である港北区は、港北公会堂で行うパブリックビューイングへの参加者受け付けを10月15日(月)の段階で始めたものの、開始日に申し込みが殺到。今回はキャンセル分のみ10月30日(水)の14時から11月1日(金)の12時まで先着順で再募集を行うものです。

開場は試合開始の1時間前となる17時から。当日は慶應義塾大学ラグビー部の前ヘッドコーチで、ラグビートップリーグのパナソニックでコーチをつとめる金澤篤(かなざわあつし)さんをゲストに招いたトークショーも予定されています。なお、観戦中の飲食はできません。

キャンセル分のみの募集となっているため、参加希望者は、30日(水)の14時以降の早い段階で申し込むのが良さそうです。

【当日の様子】

港北公会堂は17時から開場。少しずつ観戦者が集まります

港北公会堂は17時から開場。少しずつ観戦者が集まります

決勝戦まで「あと0日」。みなとみらいのファンゾーンで行われた港北区イベントの模様も映像で流されていました

決勝戦まで「あと0日」。みなとみらいのファンゾーンで行われた港北区イベントの模様も映像で流されていました

「紙旗に応援メッセージを書こう!」コーナーには多くの子どもたちや家族連れの姿が

「紙旗に応援メッセージを書こう!」コーナーには多くの子どもたちや家族連れの姿が

「ラグビー体験コーナー」では、多くの子どもたちや大人たちの笑顔があふれていました

出場国のボールで記念撮影も

出場国のボールで記念撮影も

トークショーに先立ち、慶應義塾大学ラグビー部(蹴球部)が港北区内の小学校で行うラグビー教室などの紹介も映像で流されていました

トークショーに先立ち、慶應義塾大学ラグビー部(蹴球部)が港北区内の小学校で行うラグビー教室などの紹介も映像で流されていました

港北区内小学校でのラグビー教室の立ち上げ時期にかかわったという金澤篤さん(右)

港北区内小学校でのラグビー教室の立ち上げ時期にかかわったという金澤篤さん(右)

子どもたちにもステージ上でボールの取り方・投げ方を指南しました

子どもたちにもステージ上でボールの取り方・投げ方を指南しました

金澤篤さんと、司会進行を務めた横浜市港北区役所の田邊俊一さん(右)

金澤篤さんと、司会進行を務めた横浜市港北区役所の田邊俊一さん(右)

試合は南アフリカの勝利。イングランドとの熱戦を制した「世界最高峰」の闘いに、大きな歓声と拍手が送られていました

試合は南アフリカの勝利。イングランドとの熱戦を制した「世界最高峰」の闘いに、大きな歓声と拍手が送られていました

応援メッセージが書かれた「紙旗」で寄贈されたものは、11月16日(土)開催される「ヨコアリくんまつり」(横浜アリーナ=新横浜3)で掲示される予定とのことです

応援メッセージが書かれた「紙旗」で寄贈されたものは、11月16日(土)開催される「ヨコアリくんまつり」(横浜アリーナ=新横浜3)で掲示される予定とのことです

【関連記事】

<ラグビーW杯レポ>準決勝に訪日客が大挙、新横浜は海外のような雰囲気に(2019年10月28日、決勝戦までのレポート)

【参考リンク】

11月2日(土)「ラグビーワールドカップ2019決勝パブリックビューイング」(港北公会堂)の案内ページ(港北区、申し込みも)

神奈川・横浜ファンゾーン情報(みなとみらい)(ファンゾーンでもパブリックビューイングを実施予定)

グーグル配信による広告と関連記事の紹介