新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

東海道新幹線」の記事一覧

東急線で“新幹線”みたいなデザインの電車には出会えましたか? 東急電鉄は今年(2024年)3月から東海道・山陽新幹線をイメージした“ラッピング車両”1編成を目黒線に投入しており、5月14日には東横線にも1編成を投入し、両 …

新型の「N700S(エス)」車両が今後さらに追加投入され、個室座席も標準搭載されるといいます。 JR東海は東海道新幹線に性能などを向上させた新型車両「N700S」を2026年度から28年度にかけて17編成を導入すると発表 …

活気みなぎる新横浜の街へ――恒例・夏の盆踊りは混雑対策も。30回記念「パフォーマンス」イベントは、新幹線60周年を祝う大掛かりな企画となりそうです。 新横浜1~3丁目の企業ビルを含めた全域をエリアとする新横浜町内会(金子 …

2024年のGWは新横浜で恒例の“子ども向け新幹線イベント”が開かれます。 新横浜駅ビルの「キュービックプラザ新横浜」は、ゴールデンウィーク(GW)中の今月(2024年)4月27日(土)から5月6日(月・祝)までの土曜・ …

4月27日(土)と5月3日(金・祝)の東海道新幹線は指定席が売り切れつつあります。 JR東海やJR東日本は今年(2024年)4月26日(金)から5月6日(月・祝)までゴールデンウイーク(GW)期間中の指定席予約状況を発表 …

新幹線の“ワークプレイス(仕事場)車両”が5月から使いやすくなりそうです。 JR東海とJR西日本は、東海道新幹線と山陽新幹線で16両編成で運転する列車の7号車に設定している「S Work(エス・ワーク)車両」について、来 …

小さな子どもと気兼ねなく乗れる車両が今年のGWにも設定され、指定券を購入しやすくなりました。 JR東海は今年(2024年)4月26日(金)から5月6日(月・祝)までのゴールデンウイーク(GW)中に1日1本から2本の「のぞ …

5社局が乗り入れる“鉄道の街・新横浜”から始まる謎解きスタンプラリーです。 相鉄(相模鉄道)と東急電鉄は来週(2024年)3月18日(月)から5月6日(月・祝)まで「新横浜駅5社局乗り入れ1周年記念スタンプラリー『消えた …

東急電鉄は相鉄・東急新横浜線の開業1周年を記念し、今週(2024年)3月15日(金)から新横浜駅で球体のサイネージ(電子看板)に独自の映像を流す「球体バルーンサイネージ映像ショー」を実施します。 パナソニックコネクト株式 …

新横浜から最速で山陽・九州へ到着する始発の臨時「のぞみ」号が早朝に設定されました。 JR東海は来月(2024年)3月16日(土)のダイヤ改正で新横浜駅6時3分発の博多行「のぞみ97号」を設定し、3月16日から5月25日( …

東海道新幹線の回数券は2024年中に廃止となることが決まりました。 JR東海は一部区間で設定している新幹線回数券について、今年(2024年)12月20日に販売を終了する一方、インターネット予約サービスの「エクスプレス予約 …

新横浜駅の開業60周年を祝いたい――第30回の開催となる「新横浜パフォーマンス」とともに、街の節目を“地域ぐるみ”で盛り上げます。 新横浜地区で地域まちづくりを行う新横浜町内会(金子清隆会長)は、今週(2024年)1月1 …

【講演レポート】新横浜の街が歩んだ60年超の軌跡を語りました。 港北区の成り立ちや歴史などを学ぶ「港北地域学」講座(港北区区民活動支援センター主催)の第2回となる「新横浜の過去・現在・未来~新横浜駅開設60周年の軌跡」が …

1 2 3 4 5 6 10