新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

生活安全課」の記事一覧

「コロナ禍」で先が見えにくい年末年始の事故や犯罪に注意を――神奈川県警港北警察署(港北署、大豆戸町)は、きのう(2021年)12月24日午後、年内の最終登校日を迎えた港北区内の横浜市立小学校全26校で、下校時の見守りパト …

初の「庁舎前」キャンペーンで、詐欺ストップなるか――港北署が詐欺被害額が県下ワースト1位、件数2位という区内の状況に警鐘を鳴らしています。 神奈川県港北警察署(大豆戸町、田村淳一署長)は、今週(2021年)12月15日( …

「詐欺ブロック電話」の設置相談は港北署へ――神奈川県内ワースト2位の被害を「撲滅」するため、地域ぐるみでの対策強化を呼び掛けます。 港北警察署(大豆戸町)と港北防犯協会(事務局:同警察署内)、港北企業防犯協会(同)は、今 …

新型コロナウイルスの感染拡大は、警察の防犯活動にも大きな影響を及ぼしています。 港北警察署(大豆戸町・太刀野一夫署長)は、新型コロナウイルスの感染拡大により、定期的に行っていた地域での防犯活動を「キャンペーン」や、地域の …

全国大会出場校の放送部員による「アナウンス」で、詐欺撲滅を訴えます。 1969(昭和44)年設立、創立50周年を迎えた神奈川県立港北高校(大倉山7、坂田輝之校長)は、港北警察署(大豆戸町)とのコラボで、放送部員がオレオレ …

詐欺の被害に合うと、本人はもちろん、家族が不幸に――そんな想いを込めて詐欺防止キャンペーンに取り組む金融機関があります。 先週(2018年)12月14日の午前、新横浜駅前の円形歩道橋近く、新横浜2丁目のセントラルアベニュ …