新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

交通広場」の記事一覧

新横浜駅の天井が一新されます。新横浜駅ビル内の「交通広場」で昨年(2021年)10月下旬から行われている天井の改修工事は、地震対策を目的としたものですが、照明のLED化や照明パネルの軽量化などが実施され、今年(2022年 …

新横浜駅の市営地下鉄ブルーラインへの乗り換え階段に映像が流れているのに気付いたでしょうか。岐阜県に本社を置く独立系IT企業の株式会社電算システムが、今月(2019年10月)から階段途中の壁面をスクリーンとして活用した「デ …

新横浜駅でラグビートップリーグの選手による“生の実演”が間近で見られます。駅ビル「キュービックプラザ新横浜」では、あす(2019年)8月31日(土)と9月1日(日)に「ダイナミックラグビーショー」を開きます。 両日とも駅 …

駅ビル「キュービックプラザ新横浜」は、今月(2019年)8月4日(日)に1階タクシー乗場横で、横浜市内を中心に活動するツインボーカルユニット「ツーワンセルフ」のライブを行います。 会場は駅1階のタクシー乗場横にあるスペー …

駅ビル「キュービックプラザ新横浜」では、このほどビッグカメラ側にある3階のイベントスペースに「Qひろば」という名称を付けるとともに、今週末の(2019年6月)1日(土)と2日(日)に第一弾となるイベント「プラレールワール …

新横浜駅の構内や駅ビルの「キュービックプラザ新横浜」で、プロ野球・横浜DeNAベイスターズのグッズを販売する期間限定ショップがきょう(2019年4月)16日(火)から21日(日)までの6日間にわたって初めて開設されます。 …

横浜市交通局の傘下法人である一般財団法人横浜市交通協力会(中区長者町)は、新横浜駅のJR改札口階からブルーライン改札口への階段途中の壁面をスクリーンとして活用し、プロジェクターを使って観光映像などを流すため、機器を設置す …

ラグビーワールドカップ(W杯)の試合が開催される7日間は、新横浜駅と小机駅の構内に大会ボランティアによる「案内デスク」が設置されます。 今年(2019年)9月21日(土)から11月2日(土)まで、日産スタジアム(横浜国際 …

大地震が発生して交通機関がマヒした時、港北区内でもっとも多くの帰宅困難者が発生する可能性がある新横浜駅で、対策訓練が今月(2019年3月)8日に同駅などで実施され、約250人が駅から一時滞在施設に指定されている施設への移 …

多くの帰宅困難者が首都圏にあふれた東日本大震災から8年。新横浜駅と駅周辺で「帰宅困難者対策訓練」が2019年は今週(3月)8日(金)の10時30分から約1時間にわたって行われます。今年はラグビーワールドカップ(W杯)や東 …

来年(2019年)9月20日から始まる「ラグビーワールドカップ(W杯)」へ向け、今大会のメイン会場ともいえる日産スタジアムが位置する新横浜駅の周辺では、治安面からの準備も着々と進められています。 先週(2018年11月) …

あす(2018年11月)9日(金)の14時30分から30分にわたって新横浜駅前の交通広場(バス乗場)と北口広場で合同テロ災害対応訓練が行われます。 来年(2019年)のラグビーワールドカップや東京2020オリンピックを見 …