新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

新横浜の商業地では、前年の上昇率から大きく下げたものの、プラスは維持しました。今年(2021年)1月1日現在の地価を国が調査した「公示地価」が今月3月23日に発表され、新型コロナウイルス禍のなか、新横浜駅付近のオフィスビルの地価は1.9%から2.7%の上昇率を保った一方、オフィス需要の低い区内の商業地は苦戦しました。

新横浜のオフィス街

神奈川県内の商業地では、「前年までは堅調に上昇していたが、コロナ禍の影響による緊急事態宣言の発出等を受け、駅前の大型店を含む多くの店舗等が閉鎖を余儀なくされたこと、また、緊急事態宣言期間における不動産取引市場の停滞、強い先行き不透明感等から昨年前半の地価は弱含みとなった」(県政策局)という傾向が見られた今回の地価公示。

横浜市全体商業地0.5%の上昇率となるなか、港北区はわずかに上回る0.6%(前年3.9%)を維持。また、住宅地では前年の2.4%には及ばないものの、0.5%の上昇率となり、工業地も1.2%(前年2.1%)とそれぞれプラスを維持しています。

新横浜では、前年(2020年)は県内3位の上昇率となる13.0%を記録した10階建ての「リーフスクエア新横浜ビル」が位置する「新横浜3丁目7-3」は今年、2.7%の上昇率。1平方メートルあたりの価格は187万円(前年182万円)となりました。

新横浜2丁目のアリーナ通り

また、アリーナ通りの新横浜二丁目南側交差点近くにある9階建ての「KDX新横浜ビル」が位置する「新横浜2丁目3-8」は1.9%(前年9.3%)の上昇率。1平方メートルあたりの価格は109万円(前年107万円)でした。

繁華街に位置する商業地では下落、または上昇幅の縮小傾向が顕著である一方、オフィスを中心とする商業地では、比較的空室率が低いことにより、コロナ禍でも賃料の下落はほとんど認められない」と県政策局が分析するように、新横浜のオフィスビルでもプラスを維持しています。

一方、新横浜1丁目の環状2号線沿いにある8階建ての「IWATAビル」が建つ「新横浜1丁目17-12」や、菊名西口駅前の「篠原北2丁目1-17」、菊名東口駅前の「菊名6丁目3-14」、大倉山オリーブ通り(エルム通りの先)にある「大倉山3丁目43-29」、妙蓮寺駅前の「菊名1丁目1-6」、日吉駅前の「日吉本町1丁目2-2」といった商業地は、オフィス需要が少ないためか、ゼロ成長となりました。

港北区内の住宅地・商業地・工業地の公示地価は次の通り。

港北区内の住宅地における2021年公示地価(神奈川県の資料を加工)

港北区内の住宅地における2021年の公示地価(赤色の部分)と商業地(黄色の部分)、工業地(黄色の部分)の公示地価(神奈川県の資料を加工)

【関連記事】

<2020年公示地価>新横浜駅前が県内3位の上昇率、アリーナ通りも100万円台(2020年3月20日、前年の結果)

<2020年基準地価>コロナ禍が宅地価に打撃、港北区内でゼロ成長の地点も(2020年10月2日、半年前の状況)

【参考リンク】

令和3年地価公示(神奈川県分)について(神奈川県政策局)

標準地・基準地検索システム(港北区内分)※検索ボタンを押せば一覧表示される