新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

横浜市や川崎市など神奈川県の主要市区における上昇率(変動率)、港北区はわずかながらプラスを維持した(神奈川県資料より)

このほど神奈川県から公表された2020年7月1日現在「基準地価」では、新型コロナウイルスの影響で横浜市内の宅地価に下落傾向が見られるなか、前年と比べ港北区内では3カ所がゼロ成長となり、2カ所は下落に転じていました。

毎年7月1日時点での住宅地と商業地それぞれの地価を示す基準地価は、国が調べた1月1日現在の「公示地価」とともに、土地取引時の目安として活用されています。

今回は春からの新型コロナ禍が影響し、横浜市全体の宅地における上昇率(平均変動率)がマイナス0.4%(前年1.1%)と下落に転じ、港北区内全体で見ても0.9%(前年2.2%)とわずかな上昇にとどまりました。

2020(令和2)年7月1日時点の港北区内における「基準地価」の一覧。上部18カ所は「住宅地」、下部8カ所が「商業地」、下部1カ所が「工業地」(神奈川県の発表資料より)

区内で調査対象となっている住宅地18カ所では、大倉山記念病院(樽町1)に近い一戸建て住宅街「樽町1丁目5番」(前年2.0%上昇)や、岸根公園駅に近い一戸建て住宅街「岸根町字山王山408番」(前年1.3%上昇)など区内3カ所でゼロ成長となり、小机小学校に近い一戸建て住宅街「小机町字打越1370番」(前年0.0%上昇)など区内2カ所は、わずかながらマイナス成長に転換。

区内8カ所を調査対象としている商業地でも、菖蒲園前交差点近くの綱島街道沿いにある「樽町2丁目1-7」(前年1.3%上昇)や、小机駅近くの「小机町字池土腐2543番」(前年0.3上昇)がゼロ成長となっています。

そんななか、住宅地では前年から調査対象となった大綱小学校に近い住宅街「大倉山3丁目37」1.7%の上昇となり、1平方メートルあたりの価格は41万7000円。前年の上昇率3.8%より下がったものの、価格順では神奈川県内の9位(前年10位)と順位を1つ上げました。

大倉山3丁目の調査対象となっている地点周辺

商業地では、新横浜駅前の東広場に面する「新横浜3丁目6番4号」(新横浜千歳観光ビル)の上昇率が今回は4.1%となっています。

前年の14.2%からは大きく下げることになりましたが、神奈川県内の商業地は「横ばい又は下落地点の占める割合が53.8%(前年26.5%)と半数以上」(県発表資料)という厳しい状況にあり、横浜市内の商業地における平均上昇率が0.9%(前年3.8%)にとどまるなかでは、なんとか踏みとどまっている状態といえそうです。

【関連記事】

新横浜駅前の商業地が上昇率で県内3位、宅地価格は大倉山3丁目が県10位に(2019年9月25日、前年7月の「基準地価」記事)

<2020年公示地価>新横浜駅前が県内3位の上昇率、アリーナ通りも100万円台(2020年3月20日、今年1月の「公示地価」記事)

【参考リンク】

港北区内の地価検索(国土交通省)

令和元年神奈川県地価調査結果について(神奈川県)