新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

新横浜の「商業地」における地価が急上昇しています。今年(2019年)1月1日現在の地価を示す指標として、国(国土交通省)が調査した「公示地価」で、宮内新横浜線(セントラルアベニュー)の円形歩道橋至近の新横浜3丁目に建つビルが神奈川県内で4位となる上昇率を記録しました。

県内4位の上昇率を記録した新横浜3丁目の調査地点至近では相鉄・東急直通線の地下新駅工事が進む

2019(平成31)年の公示地価で商業地は、神奈川県内360地点(うち横浜市内162地点)を調査。

港北区内では、ブルーライン新横浜駅の7番出入口前にある10階建て「リーフスクエア新横浜ビル」(1階に三井住友銀行新横浜支店、新横浜2丁目交差点近く)の建つ「新横浜3丁目7-3」が12.6%で県内4位の上昇率を記録し、1平方メートルあたりの価格は161万円。

また、アリーナ通りの新横浜二丁目南側交差点近くにある9階建ての「KDX新横浜ビル」(正面にスーパーホテル新横浜が位置)が建つ「新横浜2丁目3-8」は、前年より3.3ポイント増となる8.3%の上昇率で、1平方メートルあたりの価格は98万円でした。

アリーナ通りの新横浜2丁目では8.3%の上昇率となり、1平米あたりの地価は98万円と3ケタに近づいてきた

「新横浜地区におけるオフィス市場は、近年空室率の低下が著しく、また募集賃料もこのところ安定的に上昇している。高グレードビルでは満室稼働が多く、新横浜のオフィス市場には逼迫感がある」(新横浜3丁目7-3の鑑定書)という状況に加え、「開業が延期されたものの新線の開業に向けて新駅工事が進み、今後利便性の向上が見込まれる」(同)と指摘。

2022年10月から2023年3月までに開業が予定され、新横浜駅前の環状2号線地下に新駅が設けられる「相鉄・東急直通線(東急新横浜線/相鉄新横浜線)」も商業地価上昇の下支えとなっていることをうかがわせます。

また、新横浜1丁目では、「まいばすけっと新横浜環状2号店」がテナントとして入る環状2号線沿いの8階建て「IWATAビル」の場所も前年比1.6ポイント増となる4.3%の上昇率を記録しました。

港北区内13地点における上昇率のベスト5は以下の通りでした。

■ 港北区内の「商業地」上昇率ベスト5

  1. 新横浜3丁目7-3(10階建て事務所)1,610,000円/平米・上昇率+12.6%(前年+5.9%)※県内上昇率4位(前年23位)
  2. 新横浜2丁目3-8(9階建て店舗兼事務所)980,000円/平米・上昇率+8.3%(前年+5.0%)
  3. 日吉本町1丁目2-2(5階建て店舗兼共同住宅)1,030,000円/平米・上昇率+4.3%(前年+4.0%)
  4. 新横浜1丁目17-12(8階建て店舗兼事務所)600,000円/平米・上昇率+4.3%(前年+2.7%)
  5. 綱島西1丁目1-3(5階建て店舗兼住宅)845,000円/平米・上昇率+3.6%(前年+3.2%)
  • ※1:港北区の商業地平均:634,500円/平米・上昇率+3.9%
  • ※2:西区の商業地平均:1,810,600円/平米・上昇率+7.4%
  • ※3:中区の商業地平均:715,100円/平米・上昇率+3.9%

このほかの地域については、「平成31年地価公示のあらまし(横浜市分)」のPDFファイル(港北区分はp25~p27)または、国土交通省の「標準地・基準地検索システム(港北区内分)」をご覧ください。

【関連記事】

<2019年の公示地価>綱島東4は市内トップの上昇率を維持、日吉本町1も5%上昇(2019年3月25日、横浜日吉新聞、住宅地のランキングなど)

港北区内に存在、基準地価で「全国ベスト10」に入った“高価な土地”の宿命(2017年9月22日、工業地について)

【参考リンク】

平成31年地価公示(神奈川県分)

平成31年「地価公示のあらまし(横浜市分)」PDF、港北区はp25~p27)

標準地・基準地検索システム(港北区内分)

グーグルからの配信による広告