港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

「新横浜駅工事」の記事一覧

環状2号線の地下で進んでいる相鉄・東急直通線の新横浜駅(仮称)について、建設を担当する鉄道・運輸機構は、来年度(2019年)4月から6月に入札を行い、約2年8カ月かけて工事を行うことを公表しています。 現在は掘削などが行 …

相鉄直通線の開通は、地下鉄「ブルーライン」の経営にはマイナスの影響を与えることになる――。横浜市交通局は、「相鉄・JR直通線」や「相鉄・東急直通線」の開業が同局の経営に影響を及ぼすとの考えを示しました。 きのう(2018 …

相鉄・東急直通線の工事を行う鉄道・運輸機構は、同線の公式サイトで羽沢トンネルや新横浜トンネル、新横浜駅の工事について、最新となる先月末(2018年7月)末現在の進捗状況をこのほど公開しました。 「羽沢トンネル」(羽沢駅~ …

新横浜駅や新綱島駅(いずれも仮称)など港北区内で行われている「相鉄・東急直通線」の工事状況が“360度撮影”の迫力ある写真で見ることができます。港北区は今月号(2018年7月)の「広報よこはま港北区版」で工事の特集を行う …

相鉄・東急直通線の新横浜駅(仮称)建設の難工事は山場は超えたようです。現在開会中の横浜市会「予算第二特別委員会」で今月(2018年3月)2日に横浜市交通局が明らかにしたもので、掘削工事は今月中に完了する見込みだといいます …

相鉄・東急直通線を建設中の鉄道建設・運輸機構(鉄道・運輸機構)は、同直通線の公式サイトで「新横浜トンネル」(新綱島駅~新横浜駅、約3.3キロ)や新横浜駅工事、「羽沢トンネル」(羽沢横浜国大駅~新横浜駅間=約3.5キロ)な …

横浜市交通局は環状2号線の地下で行われている「相鉄・東急直通線」の新横浜駅(仮称)工事について、このほど最新となる先月(2017年11月)末時点での工事状況の写真を公開しました。 現在も掘削作業が続いている状況で、市営地 …

予算ベースでの進捗率は30%――。2022年度下期の開通を予定する「相鉄・東急直通線」(神奈川東部方面線)の工事を担当する鉄道・運輸機構は、2016年12月付で「神奈川東部方面線事業に関する対応方針」と題した資料を公開し …