港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

「ラグビーW杯」の記事一覧

小学生による「ミニラグビー」の全国大会がやってきます。2008年から行われている「ヒーローズカップ決勝大会」(NPO法人ヒーローズ主催)が今週(2019年2月)23日(土)と24日(日)の2日間にわたって日産スタジアム( …

横浜市がリーダーシップを発揮して「新改札口」の設置を――。きのう(2019年2月)19日に開かれた横浜市会本会議で、JR横浜線・新横浜駅の混雑対策や新改札口の設置が議論となり、林文子市長は「駅改良の方向性を検討する」と答 …

今年(2019年)秋の「ラグビーワールドカップ(W杯)」に向け、横浜市は4月から始まる2019(平成31)年度予算で、関連予算の拡充を図っており、ラグビーW杯期間中に、日産スタジアム(横浜国際総合競技場)と市内中心部を結 …

2019年シーズン、日産スタジアムでの横浜F・マリノスのホームゲームは、ラグビーワールドカップ(W杯)開催の影響で前年より2試合減となり、8月から12月まで4カ月近く試合が行われない期間があるなど、2年連続で変則的な形と …

先週(2019年1月)19日(土)10時から先着順での一般販売が始まった「ラグビーワールドカップ(W杯)」の日産スタジアム(横浜国際総合競技場)開催7試合分のチケットは、その日のうちにほぼ完売となり、20日(日)20時時 …

新横浜公園では今年、日産スタジアムでラグビーのワールドカップ(W杯)の決勝戦など7試合が行われるのに合わせ、幼児・小学生にラグビーを気軽に体験してもらいたいと「ラグビーボール」の無料レンタルを今月(2019年1月)から始 …

今年(2019年)9月21日(土)を皮切りに、11月2日(土)の決勝戦まで7試合が日産スタジアム(横浜国際総合競技場)で開かれる「ラグビーワールドカップ(W杯)」。来週から先着順によるチケット販売が行われます。 開催都市 …

横浜市は日産スタジアムに近い新横浜1~3丁目の全域をはじめ、小机と北新横浜の駅付近に設置されている公共案内板(案内サイン)を活用し、「横浜市広告付案内サイン・公衆無線LAN整備事業」を今年(2019年)9月のラグビーワー …

2019年のラグビーワールドカップや東京2020オリンピックの開催へ向け、横浜市交通局は地下鉄ブルーラインの新横浜駅で、改札内トイレ改修などの駅改良工事に着手します。 今回の駅改良工事では、東海道新幹線などと接続するJR …

来年(2019年)のラグビーワールドカップや翌々年の東京2020オリンピックで新横浜への来客が増えることを見通し、横浜アリーナ横の鶴見川寄りに置かれている公衆トイレで今月(2018年12月)3日から来年3月29日まで改修 …

現時点ではチケットが入手しづらくなっている来年(2019年)のラグビーワールドカップ(W杯)で、“超高級なVIPチケット”が一般販売されているのをご存知でしょうか。チケット抽選への応募を回避できる一方で、1人あたり15万 …

来年(2019年)9月20日から始まる「ラグビーワールドカップ(W杯)」へ向け、今大会のメイン会場ともいえる日産スタジアムが位置する新横浜駅の周辺では、治安面からの準備も着々と進められています。 先週(2018年11月) …