新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

佐伯事務所が新たに生み出した「司法書士による遺言書作成サポ―トサービス」の案内リーフレットより(司法書士佐伯啓輔事務所 提供)

佐伯事務所が新たに生み出した「司法書士による遺言書作成サポ―トサービス」の案内リーフレットより(司法書士佐伯啓輔事務所 提供)

法人サポーター会員によるPR記事です】2つの新プラン、また「書くべき人」リストも好評を博しているといいます。

横浜市営地下鉄ブルーライン新横浜駅から徒歩約5分、JR新横浜駅北口からも徒歩6分のF・マリノス通り沿いにある「司法書士 佐伯啓輔事務所」(新横浜2)代表の佐伯啓輔(けいすけ)さんが、今年(2021年)3月から、新たに「司法書士による遺言書作成サポ―トサービス」プランの提供をスタート。

「おてがる」、そして「きちっと」と名付けた2つのプランを用意。初めて遺言書を作成する人にもよりわかりやすい料金体系を設定したといい、すでに大きな反響を呼んでいるといいます。

自筆の遺言書「おてがる」プランで“確実”に

自筆証書遺言作成サポートサービス「おてがる」の詳細~案内リーフレットより(司法書士佐伯啓輔事務所 提供)

自筆証書遺言作成サポートサービス「おてがる」の詳細~案内リーフレットより(司法書士佐伯啓輔事務所 提供)

まずは、全て自分で手書きをし、署名と捺印をして作る「自筆証書遺言」の作成をサポートする「おてがる」(3万8500円)

コストが低く抑えられること、ご自身のみで作れることが魅力ですが、しっかりと作らないと“トラブルのもと”にもなります。昨年(2020年)7月からの法改正により、法務局での保管制度もスタートするなど、より利用しやすいこともあり好評です」と佐伯さん。

より“手軽”に作成できるようになった分、司法書士としての明確なアドバイスと作成サポートを行っていきたいと佐伯さんは意気込みます。

サービス内容は、遺言書作成のための相談(最大3回まで)や、作成済みの遺言書のチェック(作成済みの場合)、遺言内容の提案や案文の作成、法務局保管制度の申請書作成や予約の代行など(希望者のみ、手数料実費が別途要)も行うことができるとのことです。

公証役場が作成「きちっと」は証人2人で“安心”

公正証書遺言作成サポートサービス「きちっと」の詳細~案内リーフレットより(司法書士佐伯啓輔事務所 提供)

公正証書遺言作成サポートサービス「きちっと」の詳細~案内リーフレットより(司法書士佐伯啓輔事務所 提供)

証人2人のもと、公証役場で作成するため、証明力が高い「公正証書遺言」の作成は、「きちっと」(10万7800円)でサポート。

何か不安なことがある場合には、きっちり、そしてしっかりと公証役場で遺言書を作成できるこちらのプランをお勧めしています」と、後日“無効”にもなりにくいという遺言書を、2人の証人を通じて作成できるメリットについて佐伯さんは説明します。

サービス内容は、遺言書作成のための相談(最大5回まで)や、遺言書の文案の作成案文の提案公証役場とのやりとりや日時などのセッティング、証人立ち合い(2人とも佐伯事務所)といった、“きっちりと”遺言作成者をサポートするプランとなっています。

多彩なオプションや「書くべき人」リストも

そのほかにも、遺言を実行する「遺言執行者」としての就任プランや、信頼できる家族に資産を託し、管理・処分を任せる「家族信託」、自身の判断能力が不十分となったときに備える「認知症対策・任意後見契約書」との作成併用プランや、「自筆証書遺言」の保管サービスなど、「お一人お一人のご要望に即したオプションでのサービスを行うことも可能です」と佐伯さん。

当てはまっていたら注意「遺言を書くべき人」リストも好評を博しているという(司法書士佐伯啓輔事務所 提供)

当てはまっていたら注意「遺言を書くべき人」リストも好評を博しているという(司法書士佐伯啓輔事務所 提供)

特に、「当てはまっていたら注意してもらいたい『遺言を書くべき人』リストも用意していますので、全ての人にまずは自分自身が該当するかのチェックをしてもらえれば」と、3月中旬から各方面で配布している「おてがる」、「きちっと」のパンフレットに盛り込んだチェックリストを活用してもらえたらと佐伯さんは説明します。

佐伯さんは、「遺言書を作成しておくことで、スムーズに財産を引き継ぐことができます。『遺産分割協議』は、法定相続人全員の同意をもって成立するため、一人でも反対があると手続きが滞ってしまいます」と、なるべく自分自身が“元気”で判断能力を有するうちに遺言書を作成することをすすめています。

さらに、「行方不明の相続人や、認知症などで意思表示をすることができない相続人がいる場合には、手続きはより複雑になってしまいます。できるだけ早い段階でご相談ください」と、新横浜周辺や横浜近郊の実情にも精通した“地域の司法書士”としての同事務所のサービスの利用を呼び掛けています。

【関連記事】

[PR]遺言の作成をより身近に、新横浜の司法書士が「体験記」を公式サイトに執筆(2020年11月10日)

[PR]遺言でカバーできない死後の不安の解消を、 3月に新横浜で無料相談会(2021年2月26日)

[PR]子どもがいない夫婦の相続は? 1月9日(土)、10日(日)新横浜で無料相談会(2020年12月28日)

[PR]家やマンション買ったら遺言を、新横浜で仕事帰りに立ち寄れる「無料相談会」(2020年9月11日)

[PR]サッカーで青春過ごした佐伯さん、「司法書士」の道を新横浜で選んだ理由とは(2020年6月4日)

【参考リンク】

司法書士佐伯啓輔事務所公式サイト ※ 初回相談は45分まで無料

司法書士による遺言書作成サポートサービス『おてがる』『きちっと』プランが誕生しました(同)

佐伯司法書士事務所(新横浜)へのアクセス(同)

法人サポーター会員:司法書士佐伯啓輔事務所 提供)