新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

「指定管理者」の記事一覧

バイオリンやチェロなどの弦楽器を学び、オーケストラでの演奏を目指してみませんか――。港北公会堂は、主に区内の小学生から高校生までを対象とした「はまっこストリングオーケストラ」を結成し、今月(2019年)9月20日から体験 …

今年(2019年)4月から運営を担う指定管理者が変わった港北公会堂で、新たな事業者が自ら企画・主催する「自主事業」を強化する方針を示しています。すでに月1回のロビーコンサートを開始したほか、今後は文化イベントなども積極的 …

開館から40年が経過した「港北公会堂」で、館内設備のリニューアルを求める要望が却下されました。 来館者や利用者団体などからの要望を受け、港北区が横浜市市民局に座席の更新やトイレの洋式化などを行うための予算措置提したところ …

来年(2019)年4月から5年間にわたり港北公会堂の運営業務を担う「指定管理者」を募集していた港北区は、埼玉県熊谷市に本社を置く株式会社サンワックスが代表をつとめる「港北公会堂運営管理グループ共同事業体」が指定候補者に決 …

城郷小机地区センターの運営を担う指定管理者は、来年度以降も引き続き株式会社有隣堂(中区伊勢佐木町)が行うことが決まりました。 港北区は2019年4月から5年間にわたって同センターの運営を行う指定管理者について、今年(20 …

港北区は小机駅近くにある「城郷小机地区センター」(小机町)の実際の運営を担う指定管理者の公募を今月(2018年6月)29日まで行っています。 指定管理者は、市などの行政機関が開設した公的施設の運営を民間企業や団体などが担 …

港北区は港北公会堂の運営を担う「指定管理者」の募集を新たに始めました。同館では2009年4月から5年ごとに民間の運営事業者を公募しており、今回が3期目。来年(2019)年4月から2024年3月末までの担当となります。 港 …