新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
週間ランキング

週間ランキングこの一週間に読まれた記事のベスト10を紹介する「週間ランキング」。今月(2021年)4月16日(金)から22日(木)までの7日間に計3万7311ページが表示されたなかで、もっとも読まれた記事は、4月16日に公開した「今年も自粛のGWに、横浜・川崎・相模原でも『まん延防止措置』を適用方針」の記事でした。

読まれた記事のベスト10は以下の通りです。カッコ内は表示回数(ページビュー=PV)と記事公開日。

  1. 今年も自粛のGWに、横浜・川崎・相模原でも「まん延防止措置」を適用方針(4月16日、908)
    → 「まん延防止措置」の適用を政府が正式に決める前の記事で、神奈川県としては1カ月ほどの期間が必要と考えていましたが、その後に決定された期間は4月20日から5月11日までと県の想定より短くなっています。ただ、その後に東京都や大阪府がかなり強い緊急事態宣言へ移行しなければならなくなったように、神奈川県内の状況も決して良くはなく、当初の期間で終えられるかは不透明です。また、ゴールデンウイークは2年連続で外出自粛が強く求められそうです。なお、「まん延防止措置とは一体何なのか」という記事は横浜日吉新聞のほうに掲載しています
  2. <横浜市>新型コロナ「ワクチン」接種券は4/23(金)以降に順次発送(4月16日、843)
    → 港北区の65歳以上だけで7万人という区民に対し、2回の接種を行うというこれまでに経験のない取り組みがまもなく始まります。今週21日(水)には接種の主要会場となる港北公会堂では、地域の医療関係者によるシミュレーションも行われています
  3. 新横浜の「富士通コワーコ」が本社移転、働き方改革で川崎市中原区へ(4月19日、802)
    → 新横浜に拠点を置いていた富士通グループの企業が本体に合併となったり、移転したりするケースが相次いでおり、2009年から本社を置いていた富士通コワーコも移ることになりました
  4. <羽沢横浜国大>駅前再開発が始動、23階建てビル着工へ、ドラッグストア出店も(2月1日、720)
    → 9週連続でランキング登場となりました。今のところ“何もない”羽沢横浜国大駅前の2021年2月時点での再開発動向をまとめています。夏までにはドラッグストアがオープンする見通しです
  5. マスク会食の元祖・神奈川県が「認証制度」、優れた店は時短除外も検討(4月19日、719)
    → 会食・飲食時にもマスクを着用しようという動きは、神奈川県が最初に提唱していましたが、最近になってようやく考え方が広く知られつつあります。飲食店でお酒を飲んだり、会食したりすることを完全に制限するものでないので、経済活動と感染対策を両立させるためには、現時点で利用者が受け入れざるを得ない“我慢”ともいえますが、実際にはまだ浸透しているとはいえません。そこで、店側に協力を得ながら実効性を上げようというのが今回の認証制度。県としては、優良な認証店を時短要請の対象外とすることについても、国に要請していく考えです
  6. かつて新羽に本社の「国上精機工業」が民事再生、跡地はマンション建設中(4月21日、643)
    → 近年は新羽や綱島など区内の工業集積エリアの土地を売却し、郊外へ移転する企業が目立ちます。そんな企業の1社が経営に行き詰ったとの情報が入ってきました。今回の土地も含め、工場跡地の大半が住宅化されているように、港北区内の工業地を売却することは、経営的にやむを得ない選択なのかもしれません。ただ、その後に住んだ人が工場の音や臭気にさらされて苦情を言い、残った企業側は操業しづらい環境になって、さらに移転が増え、そのうち工業地帯はすっかり住宅街に――。港北区にとって土地誘導のあり方は、これで良いのだろうかと考えてしまいます
  7. 新横浜1丁目の新幹線高架側、まいばす近くに11階建てマンションが完成(4月22日、567)
    → 相鉄・東急直通線の開業を控え、住宅開発の余地があり、駅からも遠くない新横浜1丁目ではマンションの建設が相次いでいて、どこがどの物件だったか分からなくなるほどです。今回は新幹線高架側の「まいばす」正面にあったコイン駐車場跡の建物。賃貸と分譲のどちらにも対応する物件のようです
  8. 太尾新道交差点に「ハワイアンレストラン」、ファミレスを閉店し転換へ(3月17日、546)
    → 5週連続でランキング登場となりました。環状2号線沿いの「ジョナサン」跡は、来月5月9日(日)から同じ「すかいらーく」グループのハワイアンレストラン「ラ・オハナ(La Ohana)」に変わります
  9. <神奈川県警>運転免許の更新期限「3カ月延長」は郵送申請も可能に(2020年4月9日、498)
    → 昨年(2020年)4月の緊急事態宣言中に公開した記事ですが、2週連続でランキング登場です。人が密集する傾向のある「免許センター」へ行くのは不安、という方も多いようで、継続して読まれ続けています。4月23日現在、免許証の有効期限が「令和3(平成33)年6月30日」となっている場合は、郵送などによる3カ月の有効期間の延長措置を取ることが可能です
  10. 【わがまち港北番外編】歴史まち歩き~第4回:菊名駅周辺の見どころを巡る(4月20日、494)
    → 大倉精神文化研究所の林宏美さんによる歴史ウォーキング連載の3回目は菊名地区。菊名駅から蓮勝寺、川崎坂、菊名貝塚跡、菊名小学校、大豆戸不動尊、菊名神社、港北図書館、菊名いちょう広場、アマノ株式会社、八杉神社、大豆戸城(屋敷)、錦が丘、菊名桜山公園と一気に巡っています

※「週間ランキング」のバックナンバーはこちら

※「日吉・綱島・高田エリア」の週間ランキングはこちら