新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

今年も外出自粛のゴールデンウイーク(GW)となりそうです。神奈川県はきのう(2021年)4月15日(水)夜に新型コロナウイルスの対策本部会議を開き、国に対して「まん延防止措置(新型コロナウイルス感染症まん延防止等重点措置)」の適用を要請し、国の決定後は横浜市と川崎市、相模原市の3政令市に適用する考えです。【2021年4月17日追記:まん延防止措置の適用期間は、4月20日(火)~5月11日(火)となりました。詳細記事はこちらに掲載しています】

「まん延防止措置」は東京都内や大阪府内など多くの都市圏で実施されている(内閣官房のページより)

まん延防止措置は、外出・移動の自粛や、営業時間の短縮といった要請内容が「緊急事態宣言」とほぼ同じですが、都道府県単位で発出される緊急事態宣言とは異なり、市区町村などの単位で適用範囲を決めることが可能。

神奈川県では、先週4月10日(土)までの一週間で感染者数が951人にのぼり、緊急事態宣言中だった今年2月中旬(14日から20日)の829人を上回る数となり、「感染拡大の兆候」(県対策本部会議)との見方を示します。

また、一昨日4月14日(水)には204人、昨日15日(木)242人と、黒岩祐治知事がまん延防止措置の適用基準としていた1日の新規感染者が200人を超えている状態。特に20歳代や30歳代の感染割合が高まっており、加えて感染力の強い変異株の感染も広がっていることから、まん延防止措置の適用を国に要請したものです。

神奈川県では4月4日(日)から10日(土)まで一週間の感染者数が951人にのぼり、緊急事態宣言中の2月中旬を超えた(県対策本部会議の資料より)

県内では、緊急事態宣言の解除後に横浜市と川崎市、相模原市が人口比以上の感染者が発生しており、3政令市の感染者数だけで、県全体の7割から8割を占めているとのこと。

また、3政令市は、まん延防止措置がすでに適用されている八王子市や町田市、東京23区と接しており、主要駅の乗降客数、飲食店数の多さなどから適用区域とする考えです。

神奈川県内では緊急事態宣言の解除後、横浜・川崎・相模原の3政令市が人口比を超えた感染者数となっており、県内感染者の7~8割を占めている(県対策本部会議の資料より)

適用期間については、国が最終決定を行うものの、県としては「短期間ではなかなか収束しない」(対策本部会議)と見ており、現時点では「1カ月を考えている」(同)といいます。

きょう4月16日(金)以降に国が神奈川県への適用を決めた後、県が3政令市への適用や、飲食店の20時までの時短営業要請、イベント開催時の観客上限5000人といった対応方針を決定する予定です。

【関連記事】

GWは横浜市・川崎市の「まん延防止」強化、酒類提供の終日停止求める(横浜日吉新聞、2021年4月26日、リンク追記

東京23区に加え町田市も対象に、GW明けまで「まん延防止措置」を適用(2021年4月12日、すでに東京都内では適用中)

70日以上続いた「緊急事態宣言」は解除へ、外出自粛の要請は3月中継続(2021年3月19日、リバウンド防止期間を4月21日まで設定していたが、さらに強い措置に)

【参考リンク】

新型コロナウイルス感染症対策に関する本部会議の資料等について(神奈川県)

内閣官房「まん延防止等重点措置」について