新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
週間ランキング

週間ランキングこの一週間に読まれた記事のベスト10を紹介する「週間ランキング」。今月(2021年)2月19日(金)から25日(木)までの7日間に計3万3649ページが表示されたなかで、もっとも読まれた記事は、2017年6月に公開した「買物だけじゃない『イケア港北』、レストランの驚きメニューとカレーの安さ」の記事でした。

読まれた記事のベスト10は以下の通りです。カッコ内は表示回数(ページビュー=PV)と記事公開日。

  1. 買物だけじゃない「イケア港北」、レストランの驚きメニューとカレーの安さ(2017年6月12日、837)
    → 4週連続でランキング登場で、今週はトップとなりました。3年半以上前の2017年6月に公開した古い記事ですが、定期的に読まれています。それだけ「IKEA港北」のレストランに関する情報が無いということかもしれません
  2. 新横浜公園に子ども向け「ラグビー場」計画、W杯のレガシー事業で(2月19日、781)
    → 2019年秋に行われた「ラグビーワールドカップ」の“レガシー(遺産)事業”として、主要会場となった日産スタジアムの目の前にある新横浜公園「投てき練習場」を芝生化し、子ども向けのラグビー場が整備されることになりました。初年度は設計が行われるため、完成は来年2022年4月以降ということになりそうです
  3. 「新田緑道」を再整備へ、2021年度から5~6年かけ園路・広場など順次更新(2月24日、703)
    → 新吉田東7丁目から新羽町を経て北新横浜1丁目までの約1.8キロ、鶴見川に近い位置に整備されている「新田(にった)緑道」が5~6年かけて順次リニューアルされることになりました。新羽エリアの憩いの場として、バリアフリー化など、さらに散策しやすくなることが期待されています
  4. 新羽から渋谷・東京へ「高速バス」、東急が新たな通勤スタイル提案で実験運行(2月17日、542)
    → 2週連続でランキング登場です。東急グループが「新たな通勤スタイル」を模索するなかで、新羽・たまプラーザ駅と渋谷駅・東京駅を結ぶ高速バスの実証実験を始めました。東急バスの高速バス運行の重要拠点となっている新羽営業所を始発着とし、4月28日(水)までの平日に運行されますので、一度試してみてはいかがでしょうか
  5. <羽沢横浜国大>駅前再開発が始動、23階建てビル着工へ、ドラッグストア出店も(2月1日、523)
    → 久しぶりのランキング登場となりました。2021年2月時点での再開発動向をまとめています。夏までにはドラッグストアがオープンする見通しです
  6. <神奈川県警>運転免許の更新期限「3カ月延長」は郵送申請も可能に(2020年4月9日、444)
    → 11回連続でランキング登場です。昨年(2020年)4月の緊急事態宣言下での記事ですが、今年2月27日時点も郵送などによる「3カ月間の期間延長」は可能で、有効期間が「令和3年(平成33年)3月31日」となっている免許所有者が対象。なお、免許センターや警察署での「更新手続」は現時点で通常通り行われています
  7. 新横浜駅「篠原口が変わる」、再開発の準備組合が駅前に看板を設置(1月25日、438)
    → 5週連続でランキング登場です。「新横浜駅南口」と呼ばれる篠原口の駅前再開発で、準備組合が再開発への意気込みを示す看板を駅前に設置しています。記事が読まれ続けており、四半世紀以上の年月を経て再開発計画が動き出したことに対し、周辺住民の期待や注目の高さがうかがえます
  8. 工事中の港北公会堂、4月再開も「ワクチン接種」で3カ月間は利用停止に(2月18日、373)
    → 2週連続でランキング登場です。港北公会堂は昨年(2020年)5月からの長期休館を経てようやく再開するのですが、今度は「新型コロナウイルスワクチン」の集団接種の会場となり、少なくとも6月中までの3カ月間は一般利用ができなくなりました。リニューアルオープンイベントも中止となっています
  9. オンライン「野鳥観察」に挑戦、2/28(日)・3/6(土)に新横浜公園から生中継(2月25日、376)
    → 緊急事態宣言中ということで、鶴見川流域センターの恒例イベント「野鳥観察」もオンラインで挑戦することになりました。1回目はあす2月28日(日)に開催されますので、生中継の閲覧を申し込んでみてはいかがでしょうか
  10. 今年も「大倉山さくらまつり」は中止、コロナ影響でスタンプラリーも(2月19日、373)
    → 大倉山の春といえば太尾堤緑道の桜をめでるイベントが恒例となっていますが、残念ながら2月の観梅会に続き中止となりました。ただ、桜は今年も変わりなく咲くはずですので、緑道を静かに散歩してみるのがよさそうです

※「週間ランキング」のバックナンバーはこちら

※「日吉・綱島・高田エリア」の週間ランキングはこちら