新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
週間ランキング

週間ランキングこの一週間に読まれた記事のベスト10を紹介する「週間ランキング」。先月(2021年)1月29日(金)から今月2月4日(木)までの7日間に計4万4473ページが表示されたなかで、もっとも読まれた記事は、2月1日に公開した「<羽沢横浜国大>駅前再開発が始動、23階建てビル着工へ、ドラッグストア出店も」の記事でした。

読まれた記事のベスト10は以下の通りです。カッコ内は表示回数(ページビュー=PV)と記事公開日。

  1. <羽沢横浜国大>駅前再開発が始動、23階建てビル着工へ、ドラッグストア出店も(2月1日、6,038)
    → 駅以外は“何もない”という状態にある羽沢横浜国大駅前で再開発の動きが見えてきました。まず今年6月以降にドラッグストア「クリエイト」がオープンします。ただ、メインとなる23階建てビルの完成予定は2024年3月となっており、「相鉄・東急直通線」(2022年10月~2023年3月開業予定)の開通後ということになりそうです
  2. 新横浜のホテルで「テレワーク」、連続使用など日帰りプランが拡充(2月4日、1,776)
    → 昨年4月~5月に続き、二度目となる「緊急事態宣言」が1月8日から3月7日(日)までの間に発出されており、苦しい状況にある新横浜のホテルですが、在宅勤務者に向けた日帰りプランの拡充を図っています。また、在宅勤務者の増加にあわせ、来週2月8日にはトレッサ横浜に個室型ブースのワークスペースが設置されるような動きもあります
  3. <2021年公立高入試>岸根1.35倍、港北1.28倍、新羽1.23倍(2/1時点)(2月2日、1,310)
    → 2月1日(月)の出願締め切り時点での倍率です。昨年は港北高校に集中している傾向が見られましたが、今年は分散しています。なお、志願変更は来週2月8日(月)まで可能です
  4. 新横浜のホテル内「レストラン」の臨時休業が広がる、プリンスとグレイスで(2月1日、1,100)
    → 1月18日以降、新横浜プリンスホテルや新横浜グレイスホテル内にあるレストランで休業の動きが広がっています。今回の緊急事態宣言では、夜の会食自粛だけでなく、ランチもなるだけテイクアウトにするよう呼びかけられていますので、飲食店としては苦しいところです
  5. 新横浜駅「篠原口が変わる」、再開発の準備組合が駅前に看板を設置(1月25日、917)
    → 2週連続でランキング登場です。「新横浜駅南口」と呼ばれる篠原口の駅前再開発で、その準備組合が再開発への意気込みを示す看板を駅前に設置しています
  6. <神奈川県>新横浜で「ホテル」200室超を確保、新型コロナの宿泊療養で(1月27日、692)
    → 2週連続でランキング登場です。新横浜3丁目の「新横浜国際ホテル(本館)」(206室)が神奈川県に協力し、宿泊療養施設として貸し出されています
  7. JR東日本が朝の定期通勤者に「ポイント」、菊名や新横浜、小机も対象に(1月28日、644)
    → 2週連続でランキング登場です。JR東日本が3月15日(月)から始める「オフピークポイントサービス」では、Suica型定期券で横浜線の菊名駅や新横浜駅、小机駅の利用者も対象となっています
  8. <港北区>新規感染は週100人超、1日約15人、市内死者数は週32人に(1/28時点)(1月29日、458)
    → 今週(1月29日~2月4日)は港北区の感染者数が57人にまで減っていますが、累計1647人という多さは、横浜18区のトップを独走していることに変わりはありません
  9. <神奈川県警>運転免許の更新期限「3カ月延長」は郵送申請も可能に(2020年4月9日、452)
    → 8回連続でランキング登場です。昨年(2020年)4月の緊急事態宣言下での記事ですが、今年2月6日時点も郵送などによる「3カ月間の期間延長」は可能で、有効期間が「令和3年(平成33年)3月31日」となっている免許所有者が対象。なお、免許センターや警察署での「更新手続」は現時点で通常通り行っています
  10. <2020年公立高入試>志願変更後の競争率、新羽が上昇、港北と岸根は緩和(2020年2月6日、437)
    → こちらは前年(2020年)の記事です。今年(2021年)の内容ではありません

※「週間ランキング」のバックナンバーはこちら

※「日吉・綱島・高田エリア」の週間ランキングはこちら