新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

昨年(2020年)5月からの長期休館を終え、今年(2021年)4月1日(木)に営業を再開する「港北公会堂」が、再び3カ月間にわたって一般利用ができなくなります。新型コロナウイルスのワクチン接種会場として使われるためだといいます。【2021年3月25日追記:使用不可の期間が9月末までの6カ月間に変更になりました】

2020年9月時点での港北公会堂の工事状況

港北公会堂は天井の脱落防止工事を行うと同時に、座席など設備面を改修するため、昨年5月から今年3月末まで閉館。

この間に区内で企画されていた数百人規模のイベントは、横浜ラポール(鳥山町)内のホール「ラポールシアター」(300席)や、慶應義塾大学日吉キャンパス(日吉4)の「藤原洋記念ホール」(500席)などが使われてきました。

4月3日(土)には港北公会堂のリニューアルオープンを記念するイベントも企画されていたが中止に(港北区サイトより)

4月1日(水)の営業再開後は、3日(土)に港北公会堂と港北区が共催する「リニューアルオープン記念イベント」を皮切りに複数のイベントが計画されていましたが、4月以降に16歳以上の全市民を対象とした新型コロナウイルスのワクチン接種が行われることになり、その接種会場として港北公会堂の使用が決定。

このため、現時点では4月から6月までの3カ月間にわたって一般利用ができなくなり、この間に港北公会堂で予定されていたイベントや集会などは、中止や延期、または他の会場に移して行うという形となりそうです。

【関連記事】

港北公会堂のリニューアル完了、ワクチン接種で利用再開は10月以降(2021年3月26日)※リンク追記

集団接種会場は「港北公会堂」以外にも増えるのか、港北区のワクチン対応の現状(横浜日吉新聞、2021年2月18日)

2021年3月末まで長期休館「港北公会堂」、トイレなどの改修も同時実施(2020年3月26日)

【参考リンク】

港北公会堂の公式サイト

「港北公会堂リニューアルオープン記念イベント」は中止となりました(港北区、当初4月3日予定)

新型コロナウイルスのワクチン接種について(横浜市健康福祉局)