新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
週間ランキング

週間ランキングこの一週間に読まれた記事のベスト10を紹介する「週間ランキング」。今月(2018年10月)19日(金)から25日(木)までの7日間で計6万2939ページが表示されたなかで、もっとも読まれた記事は、22日(月)に公開した「【港北区の主要100社】売上1000億円を超える企業は10社(2018年10月版)」の記事でした。

読まれた記事のベスト10は以下の通りです。カッコ内は表示回数(ページビュー=PV)と記事公開日。

  1. 【港北区の主要100社】売上1000億円を超える企業は10社(2018年10月版)(10月22日、4,406)
    → 2016年11月に初めて公開し、多くの方にお読みいただいた「これだけの企業が本社を置く新横浜、覚えておきたい港北区内の主要50社」と題した記事の最新版として、新たに調査・取材のうえ、主要企業100社を取り上げました。今後、さらに100社を取り上げ、港北区内の主要企業200社をご紹介する予定です
  2. 港北区内で発見された「身元不明遺体」情報、県警が一部で似顔絵を公開(10月19日、2,325)
    → 残念ながら港北区内でも複数の身元不明遺体が存在し、まだ手がかりが見つかっておらず、似顔絵も公開されました
  3. 地下鉄ブルーラインの経営に「相鉄直通線」はマイナス影響、期待は接続駅の新横浜(10月18日、2,216)
    → 2週連続でランキング登場となりました
  4. <相鉄直通線>羽沢横浜国大駅の建設は順調、JR側の次駅は「武蔵小杉」か(1月18日、1,422)
    → 39週連続でランキング登場となりました
  5. 今年は好天を祈願、10/20(土)に新横浜駅前公園で恒例の「港北ふれあいまつり」(10月18日、1,413)
    → 今年は好天となり、多くの人が訪れました
  6. <ラグビーW杯>税金投入で盛り上げても、横浜市の子どもを観戦に招待せず(10月24日、1,326)
    → 市民の税金を使ってW杯を盛り上げる活動が多々行わていますが、子どもさえもW杯の試合観戦に招待できない(しない)という姿勢は残念です。新国立競技場の完成が間に合わなかったため、主催者の都合で横浜市は「いいように使われている」だけなのか、とさえ思ってしまいました
  7. 10/27(土)にラグビー国際試合、日産スタジアムや新横浜駅でW杯見据えた周辺イベント(9月7日、1,287)
    → この「ブレディスローカップ」では神奈川県民500名の招待が行われました。新横浜の街では、多くの方を迎える準備が整えられているのですが、チケットの売れ行きや、当日の天候も気にかかります
  8. <レポート>早ければ1年後に開業の「羽沢横浜国大駅」、再開発は“東急直通”時に照準(10月1日、1,193)
    → 4週連続でランキング登場となりました
  9. <東急菊名駅>JRとの乗り換えを“直線化”、7/29(日)から東急側に「中央改札」(7月20日、700)
    → 2週ぶりのランキング登場となりました
  10. 2018年の小机城址「竹灯籠まつり」は10/27(土)夜に、約5000本の竹林を彩る(10月23日、639)
    → きょう27日(土)の夜に小机城址で恒例のイベントが予定されています。昨年は台風で中止になっただけに、無事開催されることを祈るばかりです

※「週間ランキング」のバックナンバーはこちら

※「日吉・綱島・高田エリア」の週間ランキングはこちら