新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
週間ランキング

週間ランキングこの一週間に読まれた記事のベスト10を紹介する「週間ランキング」。先月(3月)29日(金)から今月(4月)4日(木)までの7日間に計6万8179ページが表示されたなかで、もっとも読まれた記事は、1年以上前の2018年1月18日に公開した「 <相鉄直通線>羽沢横浜国大駅の建設は順調、JR側の次駅は『武蔵小杉』か」の記事でした。

読まれた記事のベスト10は以下の通りです。カッコ内は表示回数(ページビュー=PV)と記事公開日。

  1. <相鉄直通線>羽沢横浜国大駅の建設は順調、JR側の次駅は「武蔵小杉」か(2018年1月18日、3,230)
    → 59週連続でランキング登場で、今週はトップとなりました。相鉄・JR直通線の開業日が今年11月30日(土)と発表されたことで注目が集まっています
  2. 相鉄・JR「羽沢横浜国大駅」開業は2019年11月末、ダイヤとJR側車両は最終調整(3月29日、3,131)
    → 2週連続でランキング登場です
  3. <レポート>早ければ1年後に開業の「羽沢横浜国大駅」、再開発は“東急直通”時に照準(2018年10月1日、2,084)
    → 18週連続でランキング登場となりました。なお、2023年3月までに開業を予定する「東急新横浜線(相鉄・東急直通線)」(新横浜~日吉)に関連し、東急目黒線と、相互乗り入れの東京メトロ・南北線、都営三田線がそれぞれ、現在の6両から8両化する方針をこのほど明らかにしています
  4. <小中学校の人事>城郷中・港北小・新吉田第二小・大曽根小・師岡小・小机小に新校長(4月2日、1,629)
    → 4月1日付けの市立小中学校の人事異動。子どもを通わせている親にとっては気になるところです。前年は校長と副校長が同時に交代した城郷中学校ですが、2年連続で校長が代わることになりました
  5. <共同通信が報道>相鉄・JR直通線は2019年12月開業が軸、川越まで乗り入れ便も(1月2日、1,545)
    → 5週連続でランキング登場となりました
  6. 直前で無投票を回避した港北区の「神奈川県議選」、定員4人に5人が出馬(3月30日、1,248)
    → あす7日(日)が投開票日となります。神奈川県議選は無投票の選挙区が相次ぐなか、港北区でもその危機がありましたが、ギリギリで候補者が現われ、なんとか選挙が成立した経緯があるので、せっかくの一票を投じておきたいところです
  7. 【4/7(日)投票】12人が立候補し4人が落選する激戦港北区の「横浜市議選」(3月30日、1,060)
    → 神奈川県議選とは違って、港北区の横浜市会議員選挙は立候補者が多すぎて大激戦。今回出馬した12人全員が「地域のためにやる気満々!」といった候補者なので、街のなかが選挙運動で賑やかですが、4人が必ず落ちてしまうというのは残念な気もします
  8. 新横浜~菊名~渋谷間の利用者に「はしか」発生、市が感染の注意呼びかけ(3月27日、996)
    → 2週連続でランキング登場となりました
  9. 2019年は「ガチハンバーグ!」、妙蓮寺の2店など港北区から4店舗がエントリー(4月1日、875)
    → 横浜市内の商店街でナンバーワンのメニューを競う恒例イベント。今年は「ハンバーグ」がテーマとなり、区内から妙蓮寺の2店と綱島街道沿い樽町の1店、綱島西口の1店の計4店がエントリーしています
  10. <4月2日現在>港北区の街並みと「桜」が眼下に広がる、大倉山公園は今も見ごろ(4月3日、745)
    → 4月に入り低温や雨が続いた影響で、桜の開花状況が場所によって大きく異なる状況となっています。今週末は新横浜周辺で見どころのはずですが、昨日(金曜日)の強風で桜の花がどうなっているのかが気がかりです

※「週間ランキング」のバックナンバーはこちら

※「日吉・綱島・高田エリア」の週間ランキングはこちら

グーグル配信による広告と関連記事の紹介