港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

7月29日(日)から中央改札口が設けられることにより、東急とJRの乗り換えがスムースになり、東急改札から西口も若干近くなる(JR東日本の菊名駅構内図に「赤字部分」を加筆)※クリックで拡大

昨年(2017年)12月にバリアフリー化した菊名駅で、東急とJR横浜線を結ぶ乗り換えルートが少し短縮されます。

東急電鉄は今月(2018年7月)29日(日)から、かつての“JR線乗り換え口”付近に新たな「中央改札口」を設けると発表しました。

現在、菊名駅での東急とJRの乗り換えは、いったん東急ストア菊名店正面に設けられた仮設改札口を抜け、東急ストアの前をう回する形で横浜線の階段へたどり着くルートとなっています。

現在は工事中の「中央改札口」をう回する形で東急とJRを乗り換える姿が解消される

これを“直線化”するための新たな改札口が設けられるもので、JRの新駅舎完成前のように東急のコンコースから直線でJRの階段にたどり着くことができるようになるといいます。

一方で東口寄りの既存改札口は工事のため一時閉鎖となり、東口から東急に乗降する際は、現在より改札口の位置がわずかに遠くなります。

JRの階段を下りると現在は左にう回して東急の改札に至るが、29日以降は直進した場所に東急中央改札が設けられる予定

【関連記事】

新たな菊名駅は12/17(日)始動、“乗り換え専用改札”と1階のJR改札口は廃止(2017年11月23日)

JR東日本の菊名駅、3階改札口からホームへの「エレベーター」は2月末に完成(2018年2月20日)

【完成後の追記写真】

東急菊名駅ホームから階段やエスカレーターを上ると一直線でJR横浜線の乗り換え口へ向かえます(7月29日)

新「中央改札口」からは横浜線の電車も見えるようになりました

【参考リンク】

7月29日(日)より菊名駅のJR横浜線への乗り換えが便利になります(東急電鉄、2018年7月19日)

JR菊名駅の構内図(JR東日本)

グーグルからの配信による広告