新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

注目は新横浜3丁目の駅前商業地と、大倉山3丁目の宅地高い伸びを示していたとのことです。

調査対象の新横浜千歳観光ビルは右から3つ目の黒っぽいビル

神奈川県は今年(2019年)7月1日現在の「基準地価」を今月9月19日付けで発表し、港北区内では宅地18地点と商業地8地点、工業地1地点の価格が公表されました。

商業地で注目は、新横浜駅前「東広場」に面する「新横浜3丁目6番4号」の新横浜千歳観光ビルで、前年の8.6%を大きく上回る14.2%の上昇率

これにより、県内の商業地上昇率ランキングでは9位から一気に3位にまで躍り出ました。また、1平方メートルあたりの価格も217万円と200万円台を突破しています。

「大倉山3丁目37番地」の基準地価は神奈川県内10位となった

一方、宅地では大綱中学校に近い「大倉山3丁目37番地」が今年から調査対象となり、価格順で神奈川県内の10位にランクイン。

1平方メートルあたりの価格は41万円ちょうどで、これは港北区内でも「日吉本町1丁目」(県内2位)に次ぐ2番目の価格となっています。

なお、都道府県が調査する「基準地価」とは、毎年7月1日時点での住宅地・商業地・工業地それぞれの地価を示すもの。1月1日現在で国が調べた「公示地価」とともに、土地取引時の目安として活用されています。

【関連記事】

<2019年公示地価>新横浜の「商業地」価格が急上昇、相鉄直通線も後押し(2019年3月25日、鉄道開通を控えて上昇傾向にある)

【参考リンク】

港北区内の地価検索(国土交通省)

令和元年神奈川県地価調査結果について(神奈川県)

グーグル配信による広告と関連記事の紹介