新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
週間ランキング

週間ランキングこの一週間に読まれた記事のベスト10を紹介する「週間ランキング」。今月(2020年)5月8日(金)から14日(木)までの7日間に計7万1033ページが表示されたなかで、もっとも読まれた記事は、5月11日に公開した「<横浜市>10万円振込は6月上旬開始目指す、マイナンバーカードあれば5月下旬から」の記事でした。

読まれた記事のベスト10は以下の通りです。カッコ内は表示回数(ページビュー=PV)と記事公開日。

  1. <横浜市>10万円振込は6月上旬開始目指す、マイナンバーカードあれば5月下旬から(5月11日、10,219)
    → 1人あたり10万円を世帯主に振り込む今回の「特別定額給付金」。マイナンバーカードを持っている人のみが可能となる「オンライン申請」以外は、申請用紙が5月29日以降に自宅へ届くのを待つ必要があります
  2. 新横浜で新たなつながりを、「テイクアウト&デリバリー」サイト掲載店募集(5月12日、4,198)
    → 新横浜在住の企業経営者が立ち上がり、テイクアウトやデリバリーを行う飲食店を紹介するサイトを立ち上げました。新横浜の街では外出自粛要請以降は人が激減して大変な状況だけに、地元から盛り上げようと動き始めています
  3. <神奈川県警>運転免許の更新期限「3カ月延長」は郵送申請も可能に(4月9日、3,266)
    → 5週連続でランキング登場です。「免許更新」が行えなくなった今は、郵送または来所のうえ、有効期限の延長手続きを行うしかありません
  4. 神奈川県の「緊急事態宣言」は5月末まで延長、外出自粛と休業要請を継続(5月6日、2,767)
    → 2週連続でランキング登場です。神奈川県や首都圏では「緊急事態宣言」が5月末まで延長となっており、来週5月21日(木)にも今後解除するか否かが判断される予定です。もうそろそろ、と思うのですが、横浜市内の感染者数は激減させるまでに至っていません
  5. <5月1日時点の感染者>港北区は5人増の34人、青葉区35人、旭区で急増38人に(5月1日、2,737)
    → 2週連続でランキング登場です。2週間前の感染者数を伝えた記事です。最新の5月15日(金)分はこちらに記事を掲載しました
  6. 港北区の感染者急増、鶴見区や青葉区含め北部エリアは1週間で2ケタ増(4月17日、2,119)
    → 4週連続でランキング登場となりました。記事が掲載された1カ月ほど前、4月17日時点での感染者数発表時の記事です。この頃は港北・青葉・鶴見といった東京に直通できる北部3区は1週間で2ケタ増という厳しい状態でした。今もまだ、じわじわと増えている状況は気になります
  7. 神奈川県警、「運転免許」の更新時に新型コロナ拡大防止へ対応策(3月15日、2,049)
    → 10週連続でランキング登場。4月16日(木)から引き続き免許センターや警察署での更新業務自体が停止されている状態です
  8. <横浜市>10万円定額給付で、郵送用「申請書」は5/29(金)めどに発送(5月14日、1,870)
    → 国が決めた「1人10万円」ですが、横浜市は日本で最大の自治体だけに、給付作業は苦労が絶えないことが伺えます。本来はマイナンバーカードなど無くても、ネット申請ができるのが理想ですが、マイナンバー申請でさえ、システムがダウンする状況なので、残念ながら現状では、役所も市民も「紙」が一番手間がかからないのかもしれません
  9. <外出自粛延長>港北区内の商業施設など休業・イベント中止情報(5/13公開)(5月13日、1,399)
    → 2月以前の新横浜が戻ってくるのは、夏前くらいになるのでしょうか。正常化しても、五輪も花火大会も無い今年の新横浜は、このまま静かな夏となってしまうのでしょうか
  10. <東海道新幹線>5/11(月)から「のぞみ」が大幅減、1時間3本程度に(5月8日、1,182)
    → 神奈川県の「出入口」として常に賑わっていた新横浜駅。この1~2カ月は閑散として、駅構内もシャッターばかりが目立ち、非常事態にあることを痛感させられます。昨年の10連休ゴールデンウイーク時の大混雑や秋のラグビーワールドカップ時の熱狂が遠い昔のようです

※「週間ランキング」のバックナンバーはこちら

※「日吉・綱島・高田エリア」の週間ランキングはこちら