新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

新横浜の有志が、新たな「テイクアウト&デリバリー」のホームぺージを立ち上げました。

「新横浜テイクアウト&デリバリー店舗一覧」サイトを立ち上げた矢野さん(左)、「串かつ どない家」代表の久惠(きゅうえ)さん(同店にて)

「新横浜テイクアウト&デリバリー店舗一覧」サイトを立ち上げた矢野さん(左)、「串かつ どない家」代表の久惠(きゅうえ)さん(同店にて)

先月(2020年)4月7日からの緊急事態宣言による外出自粛、またその5月31日までの延長により、新横浜エリアの飲食店がテイクアウト(持ち帰り)やデリバリー(宅配・配達)営業を行うチラシを配布していることから、「チラシを配布するサポートを行えないか」との想いにより生まれた「新横浜テイクアウト&デリバリー店舗一覧」サイト。

新横浜3丁目で経営・ITコンサルティング事業を行う株式会社哲英(てつえい)社長の矢野英治さんが「わずか2日で立ち上げた」というこのサイトは、掲載店の所在地や、テイクアウトやデリバリーの可否、取り扱いメニューなどを、複雑な構造や装飾も一切ないシンプルなデザインで掲載するスタイルで作成されています。

矢野さんが立ち上げた「新横浜テイクアウト&デリバリー店舗一覧」サイト(写真・リンク)は、シンプルなインターネットサイトとして閲覧しやすくなっている。店名をクリックすると、各店のチラシや地図、詳細サイトへのリンクも。現在、掲載店を募集している

矢野さんが立ち上げた「新横浜テイクアウト&デリバリー店舗一覧」サイト(写真・リンク)は、シンプルなインターネットサイトとして閲覧しやすくなっている。店名をクリックすると、各店のチラシや地図、詳細サイトへのリンクも。現在、掲載店を募集している

矢野さんは宮城県石巻市出身。勤務していた大手IT企業の拠点が新横浜にあったことから、この地での生活がスタートしたという矢野さんは、この場所に通い、住まうようになってから約30年もの歳月を重ねてきました。

半生の中で、“大好き”だという新横浜の街での日々を送るなか、数多くの飲食店に通ってきたという矢野さん。

この新型コロナウイルス感染拡大の影響で、矢野さん自身も一部の業務を休まざるを得ない状況のなか、気になったのが、自宅にポスティングされてきたという、各店のテイクアウトやデリバリーの案内チラシ。

何度も通っている「大好きなお店のチラシ」もその中にあったことに心打たれた矢野さんは、「大手のチェーン店にはない、地域に根差したスタイルで運営している各店の取り組みをお伝えすることで、この新横浜の街での新しいつながりを生み出すことができたら」との想いを抱き、このサイトを急ぎ立ち上げたと語ります。

久惠さんのふるさと・大阪名物の串揚げや串カツ、お好み焼きを味わえる。関西風にプロが焼いて提供するスタイル。焼きそばの麺も大阪らしく太麺をゆで上げたものを使用。ソースも大阪直送とのこと

久惠さんのふるさと・大阪名物の串揚げや串カツ、お好み焼きを味わえる。関西風にプロが焼いて提供するスタイル。焼きそばの麺も大阪らしく太麺をゆで上げたものを使用。ソースも大阪直送とのこと

新横浜2丁目のアポロ新横浜第2ビル5階にある「串かつ どない家(大阪泉州)」も、矢野さんが2011(平成23)年4月のオープン時から、度々訪れていたお店の一つ。

新横浜在住で大阪出身の代表・久惠(きゅうえ)洋さんが経営するこの店は、久惠さんらしい、ふるさと大阪名物の串揚げや串カツ、お好み焼きを味わえる居酒屋として、これまで多くの人々でにぎわっていたといいます。

しかし、新型コロナウイルス感染拡大の影響から、「売り上げの影響は7、8割の減少という厳しい状態です。特に、新横浜で勤める会社員の皆さんの団体利用や、スポーツ観戦での来店がほとんどなくなってしまったことが大きいですね」と、同ビルの3階で親族が経営する「しゃぶしゃぶ久(きゅう)」とともに、大きな打撃を受けている現状を嘆きます。

「串かつ10本盛」では、牛肉や豚肉、豚バラえのきやアスパラ、なす、玉ねぎやししとう、紅しょうがや長芋、れんこんなどの野菜をたっぷり味わえる

「串かつ10本盛」では、牛肉や豚肉、豚バラえのきやアスパラ、なす、玉ねぎやししとう、紅しょうがや長芋、れんこんなどの野菜をたっぷり味わえる

それでも同店は、ランチ時間帯と、営業自粛のため時間短縮したという夜間営業(20時まで)、初めてゴールデンウィーク(4月29日)から開始したというテイクアウトや、実施しているというデリバリー(エリア:新横浜1~3丁目・22時まで営業)についても新たにチャレンジ

今回、5千枚作成したというチラシの配布も行うなか、「地域に住まう皆様にお店のことをまずは知ってもらわねばと感じています。開店当時の原点に戻った気持ちです」と、新たな来店客にも、同店ならではの味をまずは知ってもらい、テイクアウトやデリバリーのサービスを利用してもらえたらとのこと。

「どない家」でのテイクアウトやデリバリーのサービスは、緊急事態宣言などに変更があった場合は予告なく終了する可能性があるとのことです。

「飲食店」の掲載エントリーはサイト運営者にメール連絡を

なお、「新横浜テイクアウト&デリバリー店舗一覧」サイトの掲載希望者を現在募集(要メール連絡)しており、対象エリアは新横浜1~3丁目まで。

掲載条件は、店舗もしくはその役員・従業員などの関係者が、反社会的勢力に該当しないこと(掲載後にこれらに該当することが判明した場合には、掲載を削除するとのこと)となっています。

新たな「飲食店」を利用することでの新たなつながりが(写真はどない家のテイクアウト豚玉=お好み焼き)

新たな「飲食店」を利用することでの新たなつながりが(写真はどない家のテイクアウト豚玉=お好み焼き)

掲載にあたっては、「(運営者が)店舗に伺いお話しを伺(うかが)ったうえで、当サイトの目的にあった店舗のみ」の掲載となるとのことで、費用は無料

緊急事態宣言の発令に際し、新横浜の個人店を中心とした飲食店を応援するためのサイトであることから、「緊急事態宣言解除後にはサイトを閉鎖する可能性が高いことをご了承ください」とのことです。

感染者数の先行きが見えにくい横浜市・港北区エリアにおいて、ビジネス関連や観光、スポーツ観戦での来客の大幅な減少が続く新横浜の街。

地域の住民による、ITを活用した新しい「地域のつながり」を生み出す試みとして、新横浜エリア内外からの大きな注目が集まりそうです。

【関連記事】

日吉・綱島のテイクアウト出店も、新吉田で「飲食店応援プロジェクト」(横浜日吉新聞、2020年5月11日)

<横浜市>持ち帰り・配達行う「飲食店情報」を募集、オープンデータで公開(横浜日吉新聞、2020年4月24日)

港北区内の飲食店による持ち帰り弁当販売や宅配サービスについて(2020年4月17日)

<港北区>持ち帰り・配達の商店街店舗を紹介するページ、掲載店を募集中(2020年4月14日)

【参考リンク】

新横浜テイクアウト&デリバリー店舗一覧(株式会社哲英)※ 掲載・エントリー先