新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
週間ランキング

週間ランキングこの一週間に読まれた記事のベスト10を紹介する「週間ランキング」。今月(2020年)6月12日(金)から18日(木)までの7日間に計10万490ページが表示されたなかで、もっとも読まれた記事は、6月12日に公開した「<環状2号線で道路陥没>新横浜から大豆戸交差点、大倉山駅付近まで大混乱」の記事でした。

読まれた記事のベスト10は以下の通りです。カッコ内は表示回数(ページビュー=PV)と記事公開日。

  1. <環状2号線で道路陥没>新横浜から大豆戸交差点、大倉山駅付近まで大混乱(6月12日、29,844)
    → 先週の金曜午後、6月12日(金)に新横浜駅に近い「環状2号線」の路面で起きた陥没災害(けが人などが出なかったので事故とは言えないようです)に関する記事です。原因は調査中ですが、道路の直下では比較的浅い位置に「相鉄・東急直通線(新横浜線)」のトンネルを掘削しており、同地点から新横浜駅側へ40メートル先まで達した後に陥没したものです。今回の災害に関しては、トンネル掘削者である鉄道・運輸機構が幾度も公式発表を行っています
  2. <横浜市>10万円振込は6月上旬開始目指す、マイナンバーカードあれば5月下旬から(5月11日、8,848)
    → 6週連続でランキング登場となりました。横浜市によると、6月16日(火)までに振り込みを行えたのは、市内約182万世帯のうち、約22万件(12%)にとどまっているとのことです
  3. 横浜市、定額給付金“郵送申請書”は最長6/6(土)発送も、配達には「3日程度」(5月29日、5,294)
    → 3週連続でランキング登場です。横浜市は「市内には約182万世帯あります。早期に返送いただき、受付センターに到着した場合でも、開封、内容確認、審査から給付までに作業時間がかかっています。ご理解をお願い致します」と呼びかけています
  4. <週間ランキング>新横浜駅前で3店連続オープン、新「横浜市役所」の話題(6月13日、4,108)
    → 先週6月13日(土)のランキング記事です
  5. 新横浜駅ビルに明るさと活気、ぐるスト「関西串カツ店」はランチや持ち帰りも(6月16日、3,571)
    → 今週は新幹線高架下の「ぐるめストリート」で3店舗が相次いでオープンしました。緊急事態宣言中は長期間にわたって閉店を余儀なくされていただけに、久しぶりに明るさがありました
  6. 横浜市営バス、2020年6月版「路線図」を公開、130以上の系統を網羅(6月12日、3,511)
    → 横浜市内の市営バス路線を網羅した1枚の路線図がPDF形式で先行公開されています。全体で見ると、市内中心部や鶴見駅、鴨居・中山駅、保土ヶ谷駅、根岸駅、磯子駅に路線が集中する一方、瀬谷区や戸塚区、泉区、栄区ではかなり手薄であることが見て取れます
  7. そばののど越しとボリュームを新横浜で、ぐるストに「おらが蕎麦」が開店(6月17日、3,180)
    → グルメ杵屋が展開するそばチェーンが出店しました。「旨辛牛肉そば」や「鶏天そば」が名物となっている比較的廉価なそば店です
  8. <神奈川県警>運転免許の更新期限「3カ月延長」は郵送申請も可能に(4月9日、2,267)
    → 10週連続でランキング登場です
  9. 横浜アリーナで「サザン」が無観客ライブ、6/25(木)夜に有料生配信(6月11日、2,162)
    → 2週連続でランキング登場です。リモート公演は6月25日(木)20時からです
  10. <新横浜トンネルで説明会>大倉山など住宅街下での掘削に不安の声が相次ぐ(2018年6月18日、2,121)
    → ちょうど2年前の記事ですが、6月12日(金)に環状2号線で道路陥没が起きたことを機に再び読まれています。今回トンネルを掘る予定とするのは、細かな「細砂(さいさ)の層」であり、記事にある「首都高速道路『環状北線』の工事時には大豆戸町の神奈川税務署付近で地下地盤の事故を起こしている」との指摘は、住宅街直下にトンネルが通る大倉山などの住民が不安に感じている点でした。なお、同様に大曽根エリアで行われた説明会の記事では、今回陥没が起きた地点付近について、「神奈川税務署付近の大豆戸町では地下16メートルにまで上昇し、同トンネル内ではこの地点がもっとも浅くなる」といった点も紹介しています

※「週間ランキング」のバックナンバーはこちら

※「日吉・綱島・高田エリア」の週間ランキングはこちら