港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞
週間ランキング

週間ランキングこの一週間に読まれた記事のベスト10を紹介する「週間ランキング」。今月(3月)8日(金)から14日(木)までの7日間に計7万3210ページが表示されたなかで、もっとも読まれた記事は、3月11日(月)に公開した「新横浜駅で『帰宅困難者』になったらどうするか、一時滞在施設へ移動訓練の様子」の記事でした。

読まれた記事のベスト10は以下の通りです。カッコ内は表示回数(ページビュー=PV)と記事公開日。

  1. 新横浜駅で「帰宅困難者」になったらどうするか、一時滞在施設へ移動訓練の様子(3月11日、1,676)
    → 帰宅困難者を受け入れる「一時滞在施設」。新横浜駅周辺には8カ所ありますが、このうち駅近くの3カ所へ実際に大人数で移動する訓練の様子をお伝えしました
  2. <レポート>早ければ1年後に開業の「羽沢横浜国大駅」、再開発は“東急直通”時に照準(2018年10月1日、1,632)
    → 16週連続でランキング登場です
  3. <相鉄直通線>羽沢横浜国大駅の建設は順調、JR側の次駅は「武蔵小杉」か(2018年1月18日、1,489)
    → 57週連続でランキング登場となりました
  4. JR横浜線を走る唯一の特急「はまかいじ」、ダイヤ改正後は運行計画が発表されず(3月1日、989)
    → 2週連続でランキング登場です
  5. <週間ランキング>JR横浜線を走る臨時特急の行方、新横浜に続き菊名も崎陽軒が閉店(3月9日、942)
    → 先週のランキング記事です
  6. 新横浜駅前の北口広場、ブルーライン「3A出入口」を3/25(月)から一時閉鎖(3月14日、927)
    → 北口広場に3カ所ある出入口のうち、1カ所を15日間にわたって閉鎖するという内容の記事です。今回は短期間ですが、新横浜では相鉄直通線の工事にともない、歩道橋の階段や出入口の長期封鎖が相次いで不便な状態が続いています
  7. 新羽車両基地の屋上など使った「あおばスポーツパーク」、2月1日(金)にオープン(1月31日、913)
    → 久しぶりのランキング登場となりました
  8. <共同通信が報道>相鉄・JR直通線は2019年12月開業が軸、川越まで乗り入れ便も(1月2日、857)
    → 3週連続でランキング登場となりました
  9. 大倉山の「夢まちづくり」映像が完成、10周年迎える活動に込めた想い(3月8日、848)
    → 大倉山エリアで活動する自治会や町内会、社会福祉協議会、NPO、各種団体などが一同に集まる機会として設けられている「大倉山夢まちづくり実行委員会」。活動を紹介する映像を制作し、このほど公開されました
  10. 新横浜・城郷で「子連れおでかけマップ」刷新、ママ・パパ目線の情報も網羅(3月11日、833)
    → 2009年から各地区で社会福祉協議会やボランティアなどによって作られている手作りのマップ。地元で子育て中の人ならではの細かな視点で情報を盛り込んでいるのが特徴です

※「週間ランキング」のバックナンバーはこちら

※「日吉・綱島・高田エリア」の週間ランキングはこちら

グーグルからの配信による広告