新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
週間ランキング

週間ランキングこの一週間に読まれた記事のベスト10を紹介する「週間ランキング」。今月(1月)18日(金)から24日(木)までの7日間に計5万674ページが表示されたなかで、もっとも読まれた記事は、1月18日に公開した「平成と歩んだ『横浜アリーナ』が30周年、こけら落とし公演の松任谷由実さん招く」の記事でした。

読まれた記事のベスト10は以下の通りです。カッコ内は表示回数(ページビュー=PV)と記事公開日。

  1. 平成と歩んだ「横浜アリーナ」が30周年、こけら落とし公演の松任谷由実さん招く(2019年1月18日、2,816)
    → 平成元年(1989年)4月にオープンした横浜アリーナ。30年後の今年、こけら落とし公演を行った松任谷由実さんを再び4月に招きます。きのう1月25日(金)17時30分時点でチケットは入手できる状態でした。1人1万円ほどかかりますが、「リフレインが叫んでる」など“ユーミンブーム”を知っている世代の方は、平成を振り返る意味でもいかがでしょうか
  2. <相鉄直通線>羽沢横浜国大駅の建設は順調、JR側の次駅は「武蔵小杉」か(2018年1月18日、2,047)
    → 50週連続でランキング登場となりました
  3. <レポート>早ければ1年後に開業の「羽沢横浜国大駅」、再開発は“東急直通”時に照準(2018年10月1日、1,494)
    → 9週連続でランキング登場となりました
  4. <ラグビーW杯チケット>日産スタジアムの7試合は即完売、次の入手チャンスは5月(1月21日、762)
    → 発売開始から数時間で売れてしまった日産スタジアムのチケット。販売サイトに入れない状態にイライラした人が多かったかもしれません。現時点ではもう1回、5月にも一般販売を行う計画とされていますので、そこを狙うしかなさそうです
  5. <共同通信が報道>相鉄・JR直通線は2019年12月開業が軸、川越まで乗り入れ便も(1月2日、731)
    → 昨年大みそかの共同通信の報道による記事です。これが事実なら開業まで1年を切っていることになります
  6. 入場券申込が殺到するラグビーW杯、1人15万円以上の“VIPチケット”なら入手可能?(2018年11月30日、710)
    → 2週連続でランキング登場。昨年の記事ですが、先着販売でチケット入手できなかった人が食事などが付いた高価チケットの検討も始めたようです。日本ではこうした「ホスピタリティプログラム」はまだ浸透していないので、これを機に認知が進むかもしれません
  7. 懐かしい新横浜や新幹線の写真も、港北区「区政80周年」で記念動画を公開(1月24日、569)
    → 区政80周年を記念して今年初めに完成した6分ほどの動画がサイトなどでも一般公開されました。過去の古い写真は見どころです
  8. <相鉄・JR直通>開業当初は厳しい需要予測、相鉄の「施設使用料」を減額へ(2018年12月17日、540)
    → 久しぶりのランキング登場となりました。鉄道建設者である鉄道・運輸機構に相鉄が支払う「使用料」が当初より減額されたという内容です
  9. 新横浜駅の篠原口側、西松建設跡地に3階建て「診療所・店舗・保育所」計画(1月15日、1,971)
    → 2週連続でランキング登場。篠原側にある地下鉄2番出口の目の前にある更地活用の話題です
  10. 新羽の「バッティングセンター」が北新横浜へ移転、釣り堀とミニ四駆店は閉店(2018年8月28日、525)
    → 久しぶりのランキング登場です。同バッティングセンターのフェイスブックページには、新羽車両基地の「あおばスポーツパーク」内で2月1日(金)にオープンと告知されています

※「週間ランキング」のバックナンバーはこちら

※「日吉・綱島・高田エリア」の週間ランキングはこちら