港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞
週間ランキング

週間ランキングこの一週間に読まれた記事のベスト10を紹介する「週間ランキング」。今月(2月)1日(金)から7日(木)までの7日間に計6万7295ページが表示されたなかで、もっとも読まれた記事は、1月31日(木)に公開した「新羽車両基地の屋上など使った『あおばスポーツパーク』、2月1日(金)にオープン」の記事でした。

読まれた記事のベスト10は以下の通りです。カッコ内は表示回数(ページビュー=PV)と記事公開日。

  1. 新羽車両基地の屋上など使った「あおばスポーツパーク」、2月1日(金)にオープン(1月31日、4,585)
    → 2週連続でランキング登場で、今週はトップとなりました。きょう2月9日(土)からカフェレストランもオープンします
  2. <レポート>早ければ1年後に開業の「羽沢横浜国大駅」、再開発は“東急直通”時に照準(2018年10月1日、2,361)
    → 11週連続でランキング登場となりました
  3. <相鉄直通線>羽沢横浜国大駅の建設は順調、JR側の次駅は「武蔵小杉」か(2018年1月18日、2,250)
    → 52週連続でランキング登場となりました
  4. <東急東横線>菊名駅から90キロ先、東武東上線・小川町への「長距離電車」新設(2月5日、2,148)
    → 3月16日(土)のダイヤ改正で、土日祝日のみ菊名駅始発で90キロ先にある埼玉県の小川町駅行が2本設定されるほか、元町・中華街駅から小川町駅まで100キロを走る列車も1本運転されることになりました。小川町の駅近くには2つのゴルフ場や日帰り温泉施設、ハイキングコースなどがあり、東上線沿線の行楽客のために延長運転する形です
  5. <2019年公立高入試>岸根が多く港北は少な目、新羽は変わらず、変更は2/6(水)まで(2月1日、2,014)
    → 最初の締切時点では港北高校の志願者が少なく、岸根高校に集中する傾向が見られました
  6. 新羽の「バッティングセンター」が北新横浜へ移転、釣り堀とミニ四駆店は閉店(2018年8月28日、1,087)
    → 昨年夏の記事ですが、「あおばスポーツパーク」で営業再開したことで再び読まれました。同スポーツパークでは唯一、予約なしでプレーできる施設で、新羽時代と同様に賑わっています
  7. <民間主導の防犯カメラ>港北区内に相次ぎ設置で犯罪減、全国初事例として県も表彰(2月6日、1,029)
    → 区内の企業や個人などから広く協賛金も募りながら、民間主導での防犯カメラ設置が進んでおり、東京2020オリンピック前の2020年5月までには合計100台を目指すとのことです
  8. <都営三田線>相鉄・東急直通線の新横浜駅まで乗り入れへ「調整を進める」(1月28日、873)
    → 2週連続でランキング登場となりました
  9. <2019年志願変更後の競争率>岸根高と新羽高は緩和、港北は志願者増え上昇(2月7日、836)
    → 志願変更期間を経て、当初は志願者が少なかった港北高校が増え、集中傾向が見られた岸根高校が減りました。新羽高校も競争率が緩和されています。試験日は来週14日(木)。気温の差が激しい日々が続いていますので、受験生のみなさんは、どうか風邪などひきませんように
  10. <共同通信が報道>相鉄・JR直通線は2019年12月開業が軸、川越まで乗り入れ便も(1月2日、680)
    → 3週連続でランキング登場となりました

※「週間ランキング」のバックナンバーはこちら

※「日吉・綱島・高田エリア」の週間ランキングはこちら

グーグルからの配信による広告