港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

ラグビーワールドカップ(W杯)の試合が開催される7日間は、新横浜駅と小机駅の構内に大会ボランティアによる「案内デスク」が設置されます。

ラグビーW杯試合開催時の「案内デスク」設置イメージ(横浜市市民局「ラグビーワールドカップ2019における交通輸送計画策定及び案内デスク運営業務等委託」設計書より)

今年(2019年)9月21日(土)から11月2日(土)まで、日産スタジアム(横浜国際総合競技場)で7試合が予定されている「ラグビーワールドカップ(W杯)」の試合開催日(9月21日・22日、10月12日・13日・26日・27日、11月2日)は、ボランティアが日産スタジアムへのルートや関連イベント、観光や交通などを案内する「案内デスク」を設けると横浜市市民局が運営業務の委託設計書で明らかにしました。

これによると、開設されるのは試合の3時間30分前から試合開始後30分までで、11月2日の決勝戦のみ4時間前から運営。新横浜駅は北口歩行者デッキへ直結する出入口付近(通称「交通広場」内)で、小机駅は日産スタジアム側の北口出入口近くに設ける計画としています。

【関連記事】

<ラグビーW杯>横浜市の運営本部は西ゲート橋近く、セブン「研修センター」に設置(2019年3月4日)

港北区の2019年度予算、「80周年記念花火」やラグビーW杯時の“小机マルシェ”も(2019年2月19日、試合開催日に小机駅周辺では「マルシェ」も計画)

【参考リンク】

入札・契約情報(ラグビーワールドカップ2019(TM)交通輸送計画策定及び案内デスク運営業務等委託)(横浜市市民局)

グーグルからの配信による広告