新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
週間ランキング

この一週間に読まれた記事のベスト10を紹介する「週間ランキング」。久しぶりの掲載となった今回、もっとも読まれた記事は1月18日に公開した「新横浜駅ビルの『タカシマヤフードメゾン』、閉店日まで“感謝セール”」の記事でした。

週間ランキング今回は今月(2023年)1月13日(金)から19日(木)までの7日分を集計対象とし6万6648ページが表示されています。

読まれた記事のベスト10は以下の通りです。カッコ内は記事公開日と表示回数(ページビュー=PV)

  1. 新横浜駅ビルの「タカシマヤフードメゾン」、閉店日まで“感謝セール”(1月18日、29,637)
    → 2月1日(水)の営業最終日まで「15年ありがとう!大感謝祭」と題したセールが行われています。タカシマヤフードメゾンは3階・4階フロアの多くを占めているだけに次の店舗についての発表が待たれます
  2. 新横浜駅ビル内の「フードメゾン」撤退へ、コロナ前から利益面に課題(2022年6月21日、4,171)
    → 今年6月下旬に閉店方針が発表された際の記事ですが、2週連続でランキング登場です。撤退は昨年6月に発表されていましたが、閉店が近づいたことで再び注目を集めることになりました
  3. F・マリノスの「練習拠点」は久里浜に、グラウンド2面やクラブハウス整備(1月12日、2,013)
    → 2週連続でランキング登場です。2023年から横浜F・マリノスの練習拠点が小机地区から横須賀市久里浜に移りました。本拠地や運営会社の本社はこれまで通り小机・新横浜で変わりません
  4. <横浜グリッツ>1月20日(金)に新横浜で初の街頭活動、エバラ食品とコラボ(1月17日、718)
    → KOSE新横浜スケートセンターを本拠地とするプロアイスホッケーの「横浜グリッツ(GRITS)」が新横浜駅前のペデストリアンデッキで、アイスホッケーの熱さを表現した特製チラシと、西区に本社を置くエバラ食品工業の「なべしゃぶ」を選手自らが配布する活動を行いました
  5. 新横浜駅前で「まちの広告板」廃止、誰でも貼れる掲示板の役割終える(1月13日、713)
    → 新横浜駅前の西広場(交番近く)に置かれている「まちの広告板」と題した市民向けの掲示板が廃止されることになりました。横浜市が1975(昭和50)年ごろから市内各地に設置しているもので、最盛期には165カ所に設けられていましたが最終的には全廃する計画です
  6. <横浜F・マリノス>2023年シーズンへ新体制、成長期待の7選手が加入(1月16日、682)
    → 2月17日(金)に開幕する2023年シーズンに向け、他チームから3選手を獲得し、期限付き移籍していた2選手が復帰、大学から2選手が新たに加入しており、活躍が期待されます
  7. <新横浜線>新横浜~日吉は約6分・250円、渋谷へは約30分・360円に(2022年8月9日、541)
    → 昨年8月の記事ですが、開業を再来月の3月18日(土)に控え「相鉄・東急直通線(新横浜線)」への注目が再び高まっています
  8. 冬の風物詩「港北駅伝」が3年ぶり開催、新横浜公園を900人超が“疾走”(1月17日、405)
    → 日産フィールド小机を発着点に「港北駅伝大会」が3年ぶりに開かれ、区内の154チーム・925人が参加しています。5人(女子のみは6人)集まれば出場できますので来年はぜひ挑戦を
  9. “冬休み明け”児童を見守る、150周年迎える大綱小など全26小学校でパトロール(1月13日、274)
    → 「冬休み明け」となる1月10日に港北区内26小学校の周辺エリアでの登校児童の見守り活動やパトロールが行われました
  10. キュービックプラザ、3階の「MMCオーガニックカフェ」が3月末で閉店へ(2017年3月22日、263)
    → 今から約6年前の古い記事ですが、同じビル内の「タカシマヤフードメゾン」が閉店するとの記事に合わせてこちらも読まれました。ちなみに同カフェの跡地は現在、タコ焼きチェーンの「銀だこ酒場」になっています

※「週間ランキング」のバックナンバーはこちら

※「日吉・綱島・高田エリア」の週間ランキングはこちら

(PV数はすべて米グーグルのサービス「Googleアナリティクス(Google Analytics)」の解析による推計値です)