新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

朝の通勤・通学時にJR菊名駅新横浜駅小机駅7時過ぎから8時30分ごろの時間帯を避けて改札口に入れば、ポイントが貯まるようになります。JR東日本はSuica型の定期券利用者を対象とした「オフピークポイントサービス」を今年(2021年)3月15日(月)から始めます。

「オフピークポイント」の対象エリア。羽沢横浜国大駅は対象外となっている(JR東日本の特設サイトより)

このサービスは、ラッシュ時間帯を避けた時差通勤者に対し、各駅が設定するピーク時間(おおむね7時から8時30分)より前に改札口を通過した場合に1日15ポイント(1ポイントあたり1円相当)、ピーク時間帯の後だと同20ポイントを還元するもので、横浜線の菊名駅や新横浜駅、小机駅も対象となりました。

JR菊名駅では6時5分から7時5分までが15ポイント、8時35分から9時35分までが20ポイントに設定。新横浜駅は菊名駅より5分早く設定され、小机駅では10分早めた時間帯となります。

横浜線各駅のポイント付与対象となる時間帯(JR東日本の特設サイトより)

Suica型定期券の利用者に付与される「JRE POINT(JREポイント)」は、JR東日本グループの商業施設などで利用が可能。あらかじめサイト上で「JE」から始まる17ケタのSuicaID番号を登録しておく必要があります。今回のオフピークポイントサービス期間は来年(2022年)3月31日までを予定。

なお、JR東日本以外が管理する自動改札機や乗換改札機はポイント付与の対象外となっており、相鉄・JR直通線の羽沢横浜国大駅は、相鉄の改札機しか設置されていないため対象となっていません

【関連記事】

<JR東日本>定期券の時差通勤者や“回数券的”な利用者に「ポイント」還元へ(2020年11月12日)

【参考リンク】

JR東日本「オフピークポイント」の特設ページ

JRE POINTについて(Suicaの登録可能)