港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞
週間ランキング

週間ランキングこの一週間に読まれた記事のベスト10を紹介する「週間ランキング」。今月(2019年4月)5日(金)から11日(木)までの7日間に計9万6939ページが表示されたなかで、もっとも読まれた記事は、1年以上前の2018年1月18日に公開した「 <JRが見解>相鉄・JR直通線の東京方面乗り入れ、『開業後の利用状況を見極める』」の記事でした。

読まれた記事のベスト10は以下の通りです。カッコ内は表示回数(ページビュー=PV)と記事公開日。

  1. <JRが見解>相鉄・JR直通線の東京方面乗り入れ、「開業後の利用状況を見極める」(4月8日、24,768)
    → 「神奈川県鉄道輸送力増強促進会議」の要望書にJR東日本側が公式に回答したもので、開業時は新宿方面へのみ運行するものの、今後は利用状況によって検討する余地を残しています
  2. <市議選港北区>新人の福地氏がトップ、自民が3議席確保、立民・大野氏は初当選(4月8日、6,000)
    → 港北区総合庁舎前バス停前で撮った写真が印象的な福地しげる氏(自民)と、「トモイ」の文字が目立つ大野トモイ氏(立憲)の2氏が新人として当選を果たす一方、現職1氏が引退し、また別の現職1氏が議席を落としています。午前3時前まで誰一人「当確」が出ない激しい選挙戦でした
  3. 相鉄・JR「羽沢横浜国大駅」開業は2019年11月末、ダイヤとJR側車両は最終調整(3月29日、2,512)
    → 3週連続でランキング登場です
  4. <相鉄直通線>羽沢横浜国大駅の建設は順調、JR側の次駅は「武蔵小杉」か(2018年1月18日、2,162)
    → 60週連続でランキング登場となりました
  5. 30周年の横浜アリーナで松任谷由実さん記念公演、「30年ぶりです、ありがとう」(4月5日、1,537)
    → 当日は平日夜ながら約1万3000人の来場者で満席となり、50代から60代とみられる女性が目立ちました。横浜アリーナの開館時、松任谷由実さんは30代半ばで人気絶頂だった頃。30年経って60代となった今回の公演も、当時とまったく変わらない豪華なステージで、約3時間にわたって28曲を歌うパワフルさには圧倒されました
  6. <横浜市>「相鉄・JR直通線」の品川方面乗り入れと鶴見駅への停車は諦めず(2月27日、1,513)
    → 3週連続でランキング登場となりました
  7. <レポート>早ければ1年後に開業の「羽沢横浜国大駅」、再開発は“東急直通”時に照準(2018年10月1日、1,466)
    → 19週連続でランキング登場となりました
  8. 4/16(火)朝、テレビ東京の旅番組「朝の!さんぽ道」は新横浜をテーマに放送(4月10日、1,412)
    → 放送は来週16日(火)の朝、テレビ東京で7時35分から8時までとなっています
  9. <相鉄・JR直通>品川・東京駅へ乗り入れ「困難」、2020年春までの開業は「確実」(2018年12月12日、1,361)
    → 12月の記事ですが、JR東日本が「開業後の利用状況を見極める」という見解を示したことが注目を集めたこともあり、久しぶりにランキングに入りました
  10. 新横浜プリンスホテルが「朝食ブッフェ」を刷新、朝から“ステーキ”提供も(4月5日、1,134)
    → 朝だからこそカロリーを気にせず、力を付けてほしいとメニュー刷新を図ったとのことです。大人税込み2900円という価格ですが、朝6時30分から10時まで開いていますので、朝の出張前やお出かけ前など、“特別な朝”に試してみてはいかがでしょうか

※「週間ランキング」のバックナンバーはこちら

※「日吉・綱島・高田エリア」の週間ランキングはこちら

グーグルからの配信による広告