港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

自転車を手軽にレンタルできる「シェアサイクル」のサービス拠点が港北区内でも広がりつつあります。コンビニ大手のセブンイレブンが2017年11月からソフトバンク系の「ハローサイクリング(HELLO CYCLING)」と提携し、店舗駐車場や店舗脇などに貸し出しや返却ができる“ステーション”の設置を進めています。

新横浜エリアでは2つのセブンイレブン駐車場で貸し出しと返却を行う“ステーション”が設けられている(写真は新横浜1丁目店)

セブンイレブンのなかでも駐車場が広めの店舗で設置が進んでおり、新横浜駅近くでは、新幹線高架側にある「新横浜1丁目店」と篠原口の表谷地区にある「横浜篠原町店」の2店で対応しています。

このほか、岸根公園駅近くの西岸根交差点近くにある「横浜岸根公園店」(篠原西町)や、妙蓮寺駅近くの「妙蓮寺駅前店」と仲手原2丁目の「横浜妙蓮寺店」、北新横浜駅近くの「北新横浜駅前店」のほか、セブンイレブン店舗ではないものの師岡町の「トレッサ横浜」(南棟1階ジェームス横駐輪場)でも貸し出しや返却が可能です。

ハローサイクリングの地図上で対応店舗と貸出・返却可能台数が表示される

ほかには、綱島街道沿いにある樽町1丁目の「横浜樽町店」や、りりあタウン近くの「横浜樽町4丁目店」がありますが、現時点では菊名駅や大倉山駅近くに対応店舗が設けられていません。(日吉・綱島・高田エリアはこちらの記事をご覧ください)

この「ハローサイクリング」は、無料会員の登録後、サイト上で利用可能な店を探して予約のうえ利用し、対応店舗なら24時間いつでも乗り捨てもできるというシステム。支払いはクレジットカードか携帯電話キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)決済でも行えます。

ハローサイクリングの利用方法(セブンイレブンの案内ページより)

サイト上には各店ごとに貸し出し可能な台数や返却可能な台数がリアルタイムで表示されています。

ほとんどが電動アシスト機能付きの自転車で、利用料金は多くが15分あたり60円で、1日の場合は1000円。たとえば、地図上で新横浜1丁目店の場所をクリックすると「貸出可能台数4、返却可能台数1」などと表示されます。店舗によって貸出台数や返却可能台数が異なるため、事前にチェックすることが必要です。

電動アシスト自転車のため、坂の多い港北区内で出かける際にも最適で、横浜や川崎両市内、都内までほとんどのエリアに対応店舗があるため、少し遠乗りして出掛ける際にも活用できそうです。

【関連記事】

<トレッサ横浜が10周年>続々誕生の新スポットに込められた“次の10年”戦略とは(2018年4月28日)※ハローサイクリングについての記述あり

<篠原町・表谷地区>ローソンに続きセブンも進出、付近では大規模な宅地開発も(2016年7月16日、同店もシェアサイクル対応店)

【参考リンク】

ハローサイクリング(HELLO CYCLINGによる会員登録や対応店舗案内)

自転車シェアリング HELLO CYCLING(セブンイレブンによる使い方案内)

グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧