港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞
週間ランキング

この一週間に読まれた記事のベスト10を紹介する「週間ランキング」。今月(2018年3月)9日(金)から15日(木)までの7日間で計3万4729ページが表示されたなかで、もっとも読まれた記事は、3月9日(金)に公開した「<きたせん馬場出入口の地盤沈下>家屋被害の相談は120件、補修工事は26件」の記事でした。

読まれた記事のベスト10は以下の通りです。カッコ内は表示回数(ページビュー=PV)と記事公開日。

  1. <きたせん馬場出入口の地盤沈下>家屋被害の相談は120件、補修工事は26件(1,200、3月9日)
    → 3月8日の横浜市会で明かされたもので、現在までに首都高速道路には120件の相談があったなかで26件の補修を終えているとのことです
  2. <相鉄直通線>羽沢横浜国大駅の建設は順調、JR側の次駅は「武蔵小杉」か(798、1月18日)
    → 8週連続でランキング登場となりました
  3. 新たな菊名駅は12/17(日)始動、“乗り換え専用改札”と1階のJR改札口は廃止(688、2017年11月23日)
    → 14週連続でランキング登場となりました
  4. “ドンキ・ユニー”1号店は大口駅近くに2/23(金)オープン、午前2時まで無休営業(625、2月2日)
    → 4週連続でランキング登場となりました
  5. <地下鉄新横浜駅>日産の開幕戦も入場できる「神奈川ダービー応援チケット」発売(517、3月13日)
    → 日産スタジアムの開幕戦となる4月8日(日)の川崎フロンターレ戦または、21日(土)の湘南ベルマーレ戦のいずれかに入場できるチケットで、新横浜や日吉など地下鉄の主要駅事務室で販売されてます
  6. <横浜市>サイト刷新の遅延問題で業者と和解、損失は「1億円以上」との指摘も(477、3月15日)
    → 最初に委託した事業者と4553万円で和解となりましたが、全体的な損失は1億円にものぼると横浜市会で指摘されました。現在は新たに約5億5000万円を投じてWebサイトのリニューアルが進められていますが、これほどまでにお金がかかるのは、人口の多い横浜市ならではのことなのでしょうか。それとも最初の失敗が尾を引いているのでしょうか
  7. <相鉄直通線・新横浜駅>ブルーライン交差部の複雑な難工事「山場は超えた」(3月5日、477)
    → 2週連続でランキング登場となりました
  8. もしゲリラ豪雨で鶴見川が決壊したらどうなる? 浸水被害シミュレーションを公開(471、2016年7月31日)
    → 2016年の記事ですが、3月8日(木)から9日(金)の朝にかけて激しい雨が降り、明け方には鶴見川の水を日産スタジアムなどに流し込んだほどでした。そうした状況もあってこの記事も読まれたようです
  9. 市が篠原町内に持つ2600平米の「再開発用地」、スポーツ推進へ暫定開放なるか(3月7日、446)
    → 2週連続でランキング登場となりました。
  10. 恒例“子ども連れ大歓迎”のクラシックコンサート、港北公会堂で3/18(日)に(3月12日、434)
    → 赤ちゃん連れで参加できるコンサートで、今回で17回目となります。演奏中に子どもが騒いでもまったく問題ありません。子ども向けの曲も多いので、子どもにとっても楽しい時間になるのではないでしょうか

※日吉・綱島・高田エリアの週間ランキングはこちら

グーグルからの配信による広告