新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
週間ランキング

週間ランキングこの一週間に読まれた記事のベスト10を紹介する「週間ランキング」。今月(2021年)7月2日(金)から8日(木)までの7日間に計4万7487ページが表示されたなかで、もっとも読まれた記事は、7月2日に公開した「リコーが『新横浜事業所』を閉鎖、前年まで1800人勤務の重要拠点」の記事でした。

読まれた記事のベスト10は以下の通りです。カッコ内は表示回数(ページビュー=PV)と記事公開日。

  1. リコーが「新横浜事業所」を閉鎖、前年まで1800人勤務の重要拠点(7月2日、9,726)
    → 1993年8月から四半世紀以上にわたって、新横浜の20階建てビルに置いてきたリコーの大規模事業所が撤退となりました。新型コロナウイルス禍を機に、日本企業のIT化を先導する役割を担う同社が自ら「働き方改革」を実践し、コスト削減にも取り組んでいることは日本経済にとって素晴らしいことなのですが、新横浜の街から見ると複雑です。業種や業態にもよりますが、必ずしも社員数に見合った大型のオフィスが必要ではなくなっているという変化にどう対応するのか。新横浜の街にとって大きな課題が突きつけられています
  2. もしゲリラ豪雨で鶴見川が決壊したらどうなる? 浸水被害シミュレーションを公開(2016年7月31日、1,102)
    → もう5年近く前の記事ですが、大雨が降ったり災害が起きたりする度に読まれています。新横浜新聞には掲載できなかったのですが、横浜日吉新聞では1年前に掲載した「<情報拡充>土地の『成り立ち』や『リスク』が見える便利な防災地図サイト」という記事が再び読まれました。こちらは「大規模盛土(もりど)造成地」の位置が分かる国交省の地図を紹介したものですが、港北区南部エリアでも大規模盛土造成地が目立っていますので、一度、チェックいただければと思います
  3. <港北JCT付近>広大な農地跡が一変、「物流倉庫」2棟などの開発進む(7月8日、903)
    → 首都高「横浜北西線・北線」の開業を機に、港北ジャンクション至近にあった都筑区川向(かわむこう)町の大規模な農地で開発が進展中です。現在は巨大倉庫の建設計画にとどまっていますが、近い将来には商業施設の出店も想定され、至近となる新横浜や小机の居住者・勤務者にとっても注目の場所となりそうです
  4. 日産スタジアムの「五輪サッカー」11試合、ブラジルやドイツが登場、日仏戦も(4月22日、894)
    → 今月7月22日(木)から来月8月7日(土)まで延べ8日間に11試合が日産スタジアム(横浜国際総合競技場)で予定されていますが、結局、首都圏の会場はすべて無観客開催となることが今週7月8日(木)の夜遅くに決まりました。首都圏の感染状況が悪化しているため、やむを得ない判断ともいえますが、無観客による赤字は誰が負担するのかを考えると暗い気持ちになります
  5. <五輪>武相高と日体大で「事前キャンプ」、7/7(水)からアフリカ2カ国(7月6日、893)
    → 昨年の「東京2020オリンピック」開催前にはその予定が公表されていなかったのですが、横浜市のホストタウンのなかで、アフリカのボツワナ共和国とチュニジア共和国から事前キャンプを行いたいとのリクエストが市に寄せられ、武相高校や日本体育大学の協力があって実現したとのことです。区内では、日吉の慶應大学キャンパスでも英国代表チームによる大規模な事前キャンプも始まっていますが、どちらも新型コロナ対策から選手団と学生・生徒・地域が接触しないように運営され、交流機会も設けられていません。特に学生にとっては、年齢の近い海外の五輪選手と交流できることは、大きな財産となるはずだっただけに残念でなりません
  6. コロナ禍を経た「路線価」、新横浜は低い上昇、大倉山・菊名など駅前停滞(7月5日、822)
    → 新型コロナ禍の影響は、国税庁が調査する土地価格にも現れることになりました。記事では、地域でもっとも地価が高くなる駅前に絞って推移を紹介しています。ほぼ“ゼロ成長”となりました
  7. <羽沢トンネル>道床のずれを防止する「鉄筋」、一部に施工不良の可能性(6月30日、653)
    → 2週連続でランキング登場となりました
  8. 菊名池公園などの「市営プール」が2年ぶり営業、7/10(土)から入替制で(7月7日、564)
    → 2年ぶりに市営プールの開設が決まりました。梅雨の天候が続くなか、初日の7月10日(土)は思わぬプール日和となりましたが、コロナ対策で入場できる人数上限が決められています。菊名池は大型施設のため、インターネット上から事前予約も可能としており、予定が決まった段階で早めに予約するほうが良さそうです
  9. 川崎・横浜の「聖火ランナー」集結、“トーチキス”で火をつなぐセレモニー(7月1日、482)
    → 2週連続でランキング登場です
  10. 新横浜プリンスホテル、2021年夏「ビアガーデン」はハワイの雰囲気に(7月1日、425)
    → 来週7月12日(月)以降も横浜市や川崎市では「まん延防止措置」が8月22日(日)まで長期間にわたって延長となり、感染状況の悪化から「マスク飲食実施店」以外は酒類の提供が禁止となってしまいました。同ビアガーデンがどう対応するかは7月10日時点で発表されていません

※「週間ランキング」のバックナンバーはこちら

※「日吉・綱島・高田エリア」の週間ランキングはこちら