新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

横浜北線・北西線の開業で「港北インターチェンジ(IC)」付近の風景が激変し、新たな商業エリアも登場しました。かつて広大な田畑だった一帯に巨大物流倉庫の建設が進むとともに、周辺では今月(2022年)4月26日にはラーメン店プロ向けホームセンターなどがオープンし、高速出入口の周辺ならではの大型店が並びます。

市道「川向線」沿いには商業施設が立ち並びつつある、奥が港北JCT(4月21日)

2020年3月に全通した首都高速道路「横浜北線・北西線」では、第三京浜道路と交わる都筑区川向町に「港北ジャンクション(JCT)」が設けられるとともに、周辺に広がっていた一面の田畑は、「南耕地(みなみこうち)地区」との名で約18万2000平方メートルにわたって区画整理を実施。

鶴見川寄りに位置する多くのエリアは、大和ハウス工業大型物流倉庫「DPL横浜港北」を計3棟を建てており、物流倉庫を中心とした開発が行われていますが、東方町寄りにある首都高「横浜港北入口」や第三京浜「港北IC出口」の付近では、商業施設の整備が進んでいます。

巨大なGSやカー用品店が出店

「タイヤ&ホイール館フジ」は同じ川向町内から3月26日に移転オープン(4月21日)

港北JCTの開業とともに新たな一般道の市道「川向線」に沿っての一帯は、商業施設の建設が可能なエリアとなっており、先月3月26日には、「首都高速出入口交差点」の付近に自動車用品店の「タイヤ&ホイール館 フジ(Fuji)」が近所から移転拡張する形で出店。

ガソリンスタンドの「ENEOS Dr.Drive」は、株式会社ENEOSウイング(名古屋市中区)の旗艦店となる大型店舗(4月21日)

「南耕地交差点(旧東方町第二交差点)」寄りでは、車検などを行うカーコンビニ倶楽部やキーパー(KeePer)コーティングのプロショップ、ドライブスルー洗車機「Enejet Wash」などを併設した大型ガソリンスタンドの「ENEOS(エネオス)Dr.Drive(ドクタードライブ)」が3月末にオープンしています。

ロイヤルプロと魁力屋も開店へ

大和ハウスグループのプロ向けホームセンター「ロイヤルプロ」は4月26日にオープン(4月21日)

先にオープンした両店の間にあたる位置では、来週4月26日(火)に大和ハウスグループのホームセンター「ロイヤル」のプロ向け業態「ロイヤルプロ」がオープンを予定。朝6時30分から夜20時まで工具や資材、塗料といった業務用商品を取り扱うといいます。

都筑区ではおなじみのラーメンチェーン「魁力屋」も4月26日にオープンする(4月21日)

同店の隣接地では、センター南駅近くや池辺町などにも出店するラーメン店チェーン「魁力屋(かいりきや)」が出店。こちらも4月26日(火)にオープンすると告知しています。

現在、商業施設が建つエリアは2020年1月の段階で土地を造成している状況だった。2年超で風景が激変した。手前が港北JCT、左の高架下道路が市道「川向線」(2020年1月撮影)

全体では東京ドーム4個分以上という広大な「南耕地(みなみこうち)地区」のうち、商業施設は4店が出店。敷地の多くを占める大型物流倉庫も計3棟のうち1棟が完成し、1棟は着工済みでもう1棟も6月に着工を控えるなど、同地区の“再開発”はかなりの進展を見せています。

それでも、港北JCTにもっとも近い位置をはじめ、建設計画が決まっていない区画がまだ残っており、今後も企業の立地商業施設の出店などが行われる可能性があります。

2022年4月21日現在の「南耕地地区」における施設の建築状況は次の通りです。

川向町「南耕地地区」の施設状況(2022年4月時点)

商業施設(※市道「川向線」沿い)

物流施設(※鶴見川寄り)

大和ハウス工業の「DPL横浜港北Ⅰ」は3月末までに建物が完成している(4月21日)

  • マルチテナント型物流施設「DPL横浜港北Ⅰ(1)」:3月末までに建物完成済み(※イトーヨーカドーネットスーパーなどが使用予定)
  • マルチテナント型物流施設「DPL横浜港北Ⅱ(2)」:10月末までに建物完成予定
  • マルチテナント型物流施設「DPL横浜港北Ⅲ(3)」:6月着工予定、2023年9月までに建物完成予定

「DPL横浜港北Ⅰ」(右)の隣では10月の完成に向け「DPL横浜港北Ⅱ」の工事が進む(4月21日)

「DPL横浜港北Ⅱ」の工事状況、開発地区内には道路も完成している(4月21日)

もっとも池辺町寄りでは「DPL横浜港北Ⅲ」の工事も6月に始まる、写真奥の左が「Ⅰ」右が「Ⅱ」(4月21日)

公共施設(※鶴見川寄り)

池辺町寄りには「川向ふれあい公園」も完成しているが、まだ供用されていない(4月21日)

  • 川向ふれあい公園:施設は完成済み、供用日は不明

【関連記事】

<港北JCT付近>広大な農地跡が一変、「物流倉庫」2棟などの開発進む(2021年7月8日)

新横浜駅から3キロ「港北JCT」に大型の物流倉庫、500人の雇用想定した設備(2020年7月14日)

【参考リンク】

川向町南耕地地区の商業施設が集まるエリア(グーグルマップ)

川向町南耕地地区の土地区画整理事業などの紹介ページ(横浜市都市整備局)