新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

岸根公園駅から神奈川区方面へ、涼を求め「三ツ沢せせらぎ緑道」(三ツ沢西町)まで歩きます。港北ボランティアガイドの会は、来月(2021年)7月3日(土)午前にウォーキングツアー「丘を越え初夏のせせらぎ緑道へ」を開催するにあたり、今月6月22日(火)まで参加者を募集しています。

7月3日(土)の午前に開催されるウォーキングツアー「丘を越え初夏のせせらぎ緑道へ」の案内チラシ(港北ボランティアガイドの公式サイトより)

今回のツアーでは、午前9時30分に地下鉄ブルーラインの岸根公園駅に集合、神奈川区神大寺に向かって歩き、貴重な農地の「キャベツ畑」を見ながら、神大寺の「日枝神社」へ。

途中、JA横浜の直売所「メルカートかながわ」での休憩をはさみつつ、古くからの大規模団地「横浜ハイタウン」を経由し、三ツ沢上町の「神奈川スポーツセンター」で再び休憩した後、「三ツ沢公園」に到着。

広大な三ツ沢公園内では、馬術練習場横浜市戦没者慰霊塔をめぐり、公園に隣接する市民の森内の「豊顕寺(ぶげんじ)」から最終目的地の「三ツ沢せせらぎ緑道」に至る、やや健脚向けとなる約5キロのルートです。ツアーは12時ごろに三ツ沢下町駅で解散となります。

岸根公園から「三ツ沢せせらぎ緑道」(三ツ沢西町)まで約5キロを歩く(港北ボランティアガイドの会提供)

当日の参加費用は500円(保険料など)。飲み物や帽子、感染症対策のためのマスクや、雨具などの持参が必要となっており、小雨でも決行するとのこと(各種の警報発令時などは中止する場合あり)。

途中、坂道や階段があるため、「服装、履物は歩きやすい物をご着用ください」とのこと。

参加は、6月22日(火)までに同ガイド公式サイトのフォームなどから事前申し込みが必要で、定員は50人まで。応募者多数の場合は抽選になるとのことです。

【参考リンク】

7月3日(土)開催「丘を越え初夏のせせらぎ緑道へ」の案内ページ(港北ボランティアガイド)

三ツ沢公園の公式サイト