新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
週間ランキング

週間ランキングこの一週間に読まれた記事のベスト10を紹介する「週間ランキング」。今月(2020年)10月2日(金)から8日(木)までの7日間に計5万260ページが表示されたなかで、もっとも読まれた記事は、9月30日に公開した「10/1(木)から『GoTo』で15%の買物クーポン配布、新横浜など区内でも対応店」の記事でした。

読まれた記事のベスト10は以下の通りです。カッコ内は表示回数(ページビュー=PV)と記事公開日。

  1. 10/1(木)から「GoTo」で15%の買物クーポン配布、新横浜など区内でも対応店(9月30日、6,611)
    → 2週連続でランキング登場です。国の「GoToトラベルキャンペーン」で、旅行代金の15%相当額が「地域共通クーポン」として還元されるようになり、新横浜駅の周辺では、キュービックプラザやプリンスペペといった駅近くの商業施設内の主要テナントで使えます
  2. 新横浜駅へ11月末ごろ到達予定、陥没後に工事再開の「新横浜トンネル」(10月5日、3,818)
    → 10月2日に開かれた横浜市会の場で、都市整備局が「新横浜駅への到達時期は今年の11月末ごろの予定と聞いている」と明かしたものです
  3. <市と国が補助>横浜の日帰りツアー”激安”販売、ヘリ体験やクルーズなど(8月17日、1,501)
    → 4週連続でランキング登場です。こちらは日帰りツアーへの補助を知らせる記事ですが、市内の一部ホテルを対象とした1泊1000円~5000円の割引クーポンがすでに予算上限となり、10月1日から予約受付が始まった県内旅行を対象とした「地元かながわ再発見(かながわ県民割)」も売り切れが続出。こちらの日帰りツアーでも満席の日が目立ってきました
  4. 新横浜プリンス屋上で「BBQ」を楽しむ、10月に初の”秋ビアガーデン”(10月1日、1,440)
    → 2週連続でランキング登場です。今年は異例の秋営業を行うことになっています。秋風に吹かれながらの屋外BBQスポットとして活用できそうです
  5. <2020年基準地価>コロナ禍が宅地価に打撃、港北区内でゼロ成長の地点も(10月2日、1,260)
    → 新型コロナウイルスの影響で全国で下落傾向が見られ、港北区も例外ではありません。ただ、住宅地の「大倉山3丁目」や商業地の「新横浜3丁目」など、区内は比較的は踏みとどまっているといえそうです
  6. 新横浜駅前で「秋の交通安全」呼び掛け、区内で4人目の死亡事故も(10月2日、1,158)
    → 今年は港北区内で累計4人の人が交通事故で亡くなっており、これは昨年の倍です。新横浜駅前で行われた「秋の全国交通安全運動に伴う事故ナシキャンペーン」では、特別ゲストも交えて熱が入りました
  7. <横浜市の感染者数>港北区は17人増の268人、北部や中心部の増加が際立つ(10/2)(10月3日、824)
    → 先週10月2日(金)夜時点での18区別の感染者数を報じた記事です。今週10月9日(金)も港北区は20人増となっており、なかなか減りません
  8. 無観客の横浜アリーナで悲願の演奏、城郷・篠原・大綱中など5校が交流会(10月8日、676)
    → 演奏の機会を失った中学生に「発表の機会を」と港北区役所と横浜アリーナが協力。城郷中、日吉台西中、樽町中、篠原中、大綱中の5校の吹奏楽部が1万7000人収容の大会場で演奏を披露しました。その模様は11月に開催される市内初のオンライン区民祭り「ふるさと港北ふれあいまつりon-line」で披露される予定です
  9. 買物だけじゃない「イケア港北」、レストランの驚きメニューとカレーの安さ(2017年6月12日、615)
    → 3年以上前の記事ですが、継続的に読まれており、3週連続でランキングに登場しました
  10. <神奈川県警>運転免許の更新期限「3カ月延長」は郵送申請も可能に(4月9日、544)
    → 4週連続でランキング登場です。「有効期間が令和2年12月28日まで」となっている人で新型コロナウイルスの影響で更新手続きをためらう場合は、郵送などで3カ月間の期限延長できます。一度、期限延長していても12月28日までが期限となっている場合は再延長も可能とのこと

※「週間ランキング」のバックナンバーはこちら

※「日吉・綱島・高田エリア」の週間ランキングはこちら