新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

日々通い、住まう地域をよりよくするための「地域まちづくり」の輪を、どのように広げていけばよいのでしょうか。

地域まちづくりを活発化するために行われた「城郷つながりプロジェクト・第4回地域活動交流会」では、4つのテーマに分かれワークショップも実施。最後に語り合った内容を発表し、情報の共有を行った(2月22日、城郷小机地区センター)

地域まちづくりを活発化するために行われた「城郷つながりプロジェクト・第4回地域活動交流会」では、4つのテーマに分かれワークショップも実施。最後に語り合った内容を発表し、情報の共有を行った(2月22日、城郷小机地区センター)

城郷地区(小机町・鳥山町・岸根町)をエリアとする城郷地区社会福祉協議会地域活性化分科会(浜田正二分科会長)は、先週(2020年)2月22日の午後、JR小机駅前の城郷小机地区センター(小机町)で、「城郷つながりプロジェクト・第4回地域活動交流会」を開催しました。

「その地域に住む誰もが自分らしく安心して暮らせるまち」を目指すために、横浜市港北区が行う地域福祉保健計画「ひっとプラン港北」の事業として、昨年(2018・平成30)年度から年2回ペースで行われてきた交流会の第4弾として企画されたものです。

超少子高齢化の時代背景の中、地域の活動団体間の「コラボ」を生み出し、それぞれの団体がお互いの活動をPRしたり、気になる団体の活動の情報を持ち帰ることで、それぞれの会の発展を目指すことを目的とし実施。

最近では中高年にも普及しつつあるスマホを活用しての講座開講や、インターネットやSNSを使用しての情報発信についても議論に

最近では中高年にも普及しつつあるスマホを活用しての講座開講や、インターネットやSNSを使用しての情報発信についても議論に

会の冒頭に、開催目的や進行について、同分科会の浜田会長が説明。港北区社会福祉協議会(大豆戸町)の梶山辰吉事務局次長があいさつした後、それぞれの団体からの出席者が、会の活動を記入した「名刺」用紙を記入作成。

大きく分けられた今回の4つのテーマ「居場所」「次世代の発掘」「イベント・交流企画」、そして「情報発信」の4つの席に分かれ、自己紹介や名刺交換を行った後、途中段階での席替えも実施。それぞれのテーマについての課題をワークショップを通じて出し合い、これからの地域まちづくりに必要なものや、今問題となっている課題の解決方法についてのディスカッションを活発に行っていました。

地域まちづくりについての活発な意見交換が成されていた

地域まちづくりについての活発な意見交換が成されていた

今回の開催主旨について、浜田分科会長は、「どうしても地域活動を行っていると、“今まで通り”という活動内容になりがち。しかしそれでは必ず後継者が不足してしまうのです。また、それぞれがばらばらに活動を行うのではなく、地域としての一体感を持つことが大切と考えています。そして、それらの活動がネットワーク化されることが最終的には望ましいと感じています」と、今回の「城郷つながりプロジェクト」を、それぞれの“活動の夢”、そして“未来”を語る場として設定したと意気込みます。

更なる地域活性化のためには、「各地域団体がばらばらに活動するのではなく、地域としての一体感を持ち、それらの活動がネットワーク化されることが最終的には望ましい」と浜田分科会長

更なる地域活性化のためには、「各地域団体がばらばらに活動するのではなく、地域としての一体感を持ち、それらの活動がネットワーク化されることが最終的には望ましい」と浜田分科会長

「新型コロナウイルス」への感染懸念もあるのか、各地域団体からは、前回の39人の出席者より少ない23人の参加となりましたが、それぞれの団体に共通する悩みやこれからの活動の発展に不可欠なものについての議論を重ね、最後の4つのテーマごとの発表タイムで、話し合いの成果をそれぞれ披露していました。

特に、地域まちづくり活動の入口ともなる城郷地区の3つの町(小机町・鳥山町・岸根町)それぞれに「多世代が集える、スペースも広めの“居場所”が必要」といった声や、ホームページの作成やSNSの活用といった、「街全体の情報を取れる基盤があれば」といった声、また、地域活動に、子育て中の親世代を「楽しく」巻き込む工夫の必要性といった、次世代の街づくりの担い手を増やすための活動への提案に、より多くの共感の声があがっていました。

同地区社協では、これらの発表の成果を踏まえ、より一層の地域活動の活性化に取り組んでいく考えです。

【関連記事】

【報告】「港北つなぎ塾~ワクワクする情報発信でつながろう」を港北区と開催しました(2020年2月14日)

<わがまち篠原>最多の20団体が成果を披露、“横のつながり”の大切さ訴え(2019年3月18日)※篠原地区では成果発表会を実施

<2019年1月号>地域ケアプラザ最新情報~城郷つながりプロジェクト、福祉まつり、上手な花の育て方他(2019年1月4日) ※「城郷つながりプロジェクト」についての過去イベント募集など

【参考リンク】

地区社協活動~城郷地区社会福祉協議会(港北区社会福祉協議会のサイト)

横浜市城郷小机地域ケアプラザのサイト(社会福祉法人秀峰会)※多くの地域まちづくり活動の拠点となっている