新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

もし見かけたらかなり幸運です。川崎鶴見臨港バス(臨港バス)は、今月(2019年)11月18日から約1年間にわたって、人気キャラクターの「すみっコぐらし」を車体全面に装飾したラッピングバスを1台だけ投入しており、新横浜駅や菊名駅を発着する路線を走る可能性があります。

臨港バスに1台だけ登場したラッピングバス“すみっコぐらし号”(臨港バスの鶴見営業所で)

すみっコぐらしは、日本人が“隅っこ好き”という傾向をモチーフにしたクマやペンギン風のキャラクター。2012年に登場以降、文具や雑貨類を中心に人気を集めており、今月(11月)にはアニメーション映画も公開されています。

臨港バスのグループ会社である京急(京浜急行電鉄株式会社、西区高島)では、「すみっコぐらし×けいきゅう」と題したコラボレーション企画を今月18日から始めており、これに合わせて臨港バスでも鶴見営業所(鶴見区駒岡)のバス1台を使って、すみっコぐらしのキャラクターを全面にラッピングしたものです。

この“すみっコぐらし号”は、鶴見営業所が担当する「鶴01系統:鶴見駅西口~菊名駅」や「鶴02系統:鶴見駅西口~新横浜駅」、「鶴03系統:鶴見駅西口~綱島駅」など7路線のうち、毎日どこかを走ることになるといいます。

行先表示の部分にも「すみっコぐらし」のキャラクターをさりげなく登場させるなど子どもが喜びそう(臨港バス鶴見営業所)

いずれも鶴見駅を発着する運行本数の多い路線で、たった1台しか走っていないため、出会うことは至難ですが、新横浜駅や菊名駅をはじめ、環状2号線や旧綱島街道、トレッサ横浜付近で見かけたり、乗れたりした場合はラッキーと言えそう。

なお、臨港バスの運行情報が検索できる「臨港バスナビ」では、同バスで運行される便は、車種の箇所に「ノンステップバス(すみっコぐらし)」と表示されるとのこと。子どもと出掛ける場合などは、これから乗るバスを検索してみてもいいかもしれません。

)この記事は読者の方から情報提供をいただきました。ありがとうございます。

【参考リンク】

「すみっコぐらし×臨港バス」コラボラッピングバスの運行について(臨港バス、2019年11月18日から1年間実施)

臨港バスの公式Twitter「りんたん」

臨港バスナビ(各停留所の時刻表や接近情報)

グーグル配信による広告と関連記事の紹介